ヒアルロン酸注射で顎・輪郭を形成!美容外科での注入の効果は?

抗加齢学会専門医/麻酔科認定医
コッツフォード良枝:監修

公開日:2019/08/13 更新日:2020/12/17

シャープなフェイスラインは女性の憧れ。
顎をすっきりさせるだけで顔全体がシャープな印象になります。
だからといって、顎を削る整形手術は痛そうで料金も高そうなのでなかなか簡単にやろうとは思いませんね。
でも、ヒアルロン酸注射治療ならば、痛みも少なく整形手術より安い費用で施術を受けることができます。
この記事では、「ヒアルロン酸注射で顎・輪郭を形成!美容外科での注入の効果は?」について詳しくご紹介します。

ヒアルロン酸注射(注入)とは? 

ヒアルロン酸注射(注入)とは?
ヒアルロン酸注入材は、1990年代にヨーロッパで初めて発売され、以来皮膚注入材として世界中で最も多く使用されています。
皮膚に注射することで、シワを埋めたり溝を盛り上げ目立たなくしたり、顎に注入することで顔の形をシャープな形に変えられます。

ヒアルロン酸を使った主な治療は下記のとおりです。

シワやほうれい線の治療

目の下のシワ・ほうれい線など、皮膚の下垂によってできるシワはヒアルロン酸を注入することで目立たなくすることができます。
シワやほうれい線を消すことで若々しい印象になり若返り効果も期待できます。

顎の輪郭を形成にする治療

顎先にヒアルロン酸を注入することで、顎先が尖りシャープな顔立ちに仕上げることができます。

目の下・頬のくぼみ治療

加齢による皮膚の下垂や急激な体重減少にともない、目の下のくぼみや頬のくぼみができた場合もヒアルロン酸の注入が有効です。
目の下のくぼみがなくなり、頬がふっくらすれば若々しい表情を取り戻すことができます。

鼻を高くする治療

鼻を高くしたい場合には、目と目の間の鼻根部から鼻筋にかけてヒアルロン酸を注入します。
ヒアルロン酸を注入することで鼻に高さが出て鼻筋が通り、立体感のある顔立ちに仕上がります。

豊胸術(バストアップ)

ヒアルロン酸の注入で胸を大きくすることもできます。
バストに張りを出したり、胸に谷間を作ったりと、部分的に注入して理想のバストに変えられます。

顎への注射に使用するヒアルロン酸

顎への注射に使用するヒアルロン酸
ヒアルロン酸は元よりヒトの体内に存在している物質です。
体内でコラーゲン組織の保持、肌組織の水分・潤滑性・柔軟性の保持などの役割を果たし、1gで6Lの水をかかえこむという高い保水力を持っています。
ヒアルロン酸は加齢とともに減少し、ヒアルロン酸が減少するとシワやたるみ、へこみやくぼみ、または粘膜のカサつきや関節の痛みなど加齢現象に繋がります。

顎に注入する主なヒアルロン酸の紹介

ジュビダーム製剤

米国アラガン社(大手医療材料メーカー)製のジュビダーム製剤は、高い安全性により全世界で適応され、ラインナップの一部は米国FDA(アメリカ食物薬剤管理局:日本の厚生労働省に相当)によりシワの治療に承認されています。

非動物性由来ヒアルロン酸に架橋剤を調合することで、ヒアルロン酸を真皮へ均等に浸透させやすくし、注射流速のバラつきも減少させています。

ジュビダームに含まれる架橋剤:BDDE(ブタンジオルジグリシジルエーテル)は、もっとも安全性が高い架橋剤として知られています。
製剤中に含まれるヒアルロン酸濃度も、24mg/mlともっとも高濃度です。

レスチレン製剤

レスチレンは、スウェーデンに本社を置くガルデルマ株式会社(旧Q-MED社)のヒアルロン酸です。
日本国内では、1996年に非動物性ヒアルロン酸として発売されています。

レスチレンシリーズのヒアルロン酸のラインナップの一部は、米国FDA(アメリカ食品医薬品局)にてシワ治療に対する使用が認められています。
現在、ヒアルロン酸治療は世の中に広く浸透しています。

顎への治療の流れ

ヒアルロン酸の注入箇所について

ヒアルロン酸は「オトガイ隆起」や「オトガイ結節」のあたりに注入します。

また、ヒアルロン酸は顎に骨の上にある骨膜の上を中心にしてヒアルロン酸を注入します。
骨膜の上にヒアルロン酸を注入することで、骨がヒアルロン酸の支えになり、ヒアルロン酸が組織を持ち上げ顎を形成します。

ヒアルロン酸注射治療の流れについて

ヒアルロン酸注射治療は、表面麻酔もしくは神経ブロック麻酔して行う治療で、10分ほどで終わります。

施術の流れの例

1.注入希望部分のメイクを落とし、カウンセリングを受けます。
なりたい顔のイメージなどを確認し、数種類のヒアルロン酸から適した硬さを選びます。
クリニックによっては、ビフォア&アフターの比較写真を撮影することもできます。

2.麻酔クリーム塗布し、痛みや不安を軽減します。

3.ヒアルロン酸を注入。

4.ヒアルロン酸注入は、施術後のダウンタイムが短いので、メイクをして帰宅できます。

顎へのヒアルロン酸注射の効果

効果

小顔

顎先を尖らせることで輪郭がすっきりとするので、小顔効果が得られます。

顎がシャープになる

顎先を出すと、シャープな輪郭にすることができるので、女性らしい顔立ちになります。

割れている顎の解消

顎の割れている部分にヒアルロン酸を注入することで、くぼみがなくなり、なめらかなラインを形成することができます。

フェイスラインのたるみの解消

ヒアルロン酸注入でリフトアップすることたるみを解消し、でメリハリのあるふっくら若々しくフェイスラインを取り戻せます。

二重あごの解消

たるみでできた二重あごはヒアルロン酸でリフトアップすることで解消できます。
また、顎にヒアルロン酸を注入すると、顔全体のバランスが良くなり二重あごが目立たなくなります。

でっぱった口元が目立たなくなる

顎を出すことによりエステティックラインが整うので、出っ張った口元が目立たなくなります。

メリット

メリット

アレルギー反応や副作用が少ない

一昔前は顔のシワを減らす美容的治療にコラーゲン注入が行われていましたが、コラーゲンはタンパク質のため、アレルギー反応が起きやすいのが難点でした。
ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する物質で、多糖類の一種のため、アレルギー反応がほとんど起きないといわれています。

また、注入したヒアルロン酸製剤は、数か月から数年で体内に完全に吸収され、異物として体に影響が残る心配もありません。

修正が可能

一度削ってしまった顎はもとに戻すことは難しいですが、ヒアルロン酸注射治療であれば気に入らなかった場合、ヒアルロニダーゼ(またはヒロラーゼ、ヒアラーゼ)を注射することで元に戻せます。

効果は個人差がありますが、早い場合ヒアルロニダーゼを注射して帰宅する際に元の状態に戻る方もいます。

入院する必要がない

整形したあと腫れるリスクも少ないので、入院したり通院をする必要がありません。
また、施術が後化粧や洗顔もすぐに行うこともできるので、周りの人に気づかれなくて済みます。

痛みが少ない

手術のようにメスを使うわけではないので、もともと痛みは少ないですが、クリニックによっては痛みを減らすために、クリーム麻酔を使用したり、オプションで極細のやわらかい先端の丸い針を選べたりします。

顎へのヒアルロン酸注射のリスクや副作用は?

リスクや副作用は?
ヒアルロン酸注射治療は副作用が少ないですが、ときとして下記のような症状が出る場合があります。
殆どの場合経過とともに症状は治まります。

針を刺した箇所が赤くなることがある

ヒアルロン酸注射、またはヒアルロン酸修正治療、ヒアルロニダーゼで治療を行うと、針を刺した箇所が赤くなることがあります。
しかし、ほとんどの場合その日のうちに気にならなくなります。

肌に突っ張り感を感じる

当日は肌が少し突っ張った感じがありますが、時間の経過とともに減少します。
また、内出血がおきる場合もありますが、ある程度の時間がたてば気にならなくなります。

※その他注意点
○治療後すぐ、針を刺した箇所以外はメイクが可能ですがマッサージは数日間控えてください。

○針跡が気になる場合はマスクの着用をお勧めします。

○注入した部位はなるべく直射日光を避けて、日焼け止めをご使用ください。

○医薬品には、厚生労働省が承認しているものと、承認をしていないもの(未承認品)があるので、事前に確認ください。

○内服している薬がある方、種々の成人病などの基礎疾患がある方は、必ず詳細をお伝えください。

顎へのヒアルロン酸注射にかかる費用

費用
ヒアルロン酸注入は施術を行うクリニック、使用量やヒアルロン酸の種類によって、料金が変わってきます。
ヒアルロン酸注射治療の相場は、ほうれい線の料金相場/97,685円、目の周辺の料金相場/60,615円ぐらいです。
ヒアルロン酸注射治療を受ける場合は、入れたい場所を明確に伝え、いくつかのクリニックで価格を確認し信頼できるクリニックで受けるようにすると安心です。

顎へのヒアルロン酸注射費用例の紹介

クレビエル・コントア ¥86,400(税込み)
(12か月~15か月程度、持続されるように製造されているもの)
ジュビダームビスタ ボリューマ XC ¥140,400(税込み)
(24か月程度、持続されるように製造されているもの)

美しい顎にするための形成の注意ポイント

綺麗なフェイスラインを形成する

理想的なフェイスラインとは、ニワトリの卵の先は細くなった楕円のような形をしています。
滑らかなヒアルロン酸を注入することで、ニワトリの卵を逆さにした形のようなフェイスラインに形成できます。
また、顎の先端を細くすれば、シャープな小顔の印象になります。

顎と顔全体のバランスを考える

顎と顔全体のバランスも大切です。
美しい顔の形には、黄金比と呼ばれる、もっとも美しく見える比率があります。

顎にヒアルロン酸を注入する際は、鼻との距離や、唇との距離など顔全体のバランスを考えて注入することで美しい顔の形に仕上がります。

多角的に見て美しくなるように

顎にヒアルロン酸を注入すると、正面だけでなく、横、斜めなど、どこの角度から見ても美しいことが重要です。
そのため、どの方向からみても美しく見えることを想定して、ヒアルロン酸を注入することも大切です。

まとめ

ヒアルロン酸注射治療は、アレルギー反応や副作用が少ないので、安心して受けることができます。
また、料金も安く、気に入らない場合にはもとに戻すことができるので整形手術より気軽に受けられます。
料金はクリニックや注入する場所によって異なるので、事前に希望の場所を伝え費用を確認しましょう。
顎のラインが気になる方はヒアルロン酸注射治療でコンプレックスを解消し、理想の自分を取り戻してはいかがでしょうか。