ヒアルロン酸注射で鼻を美容整形!注入に痛みや腫れはある?

抗加齢学会専門医/麻酔科認定医
コッツフォード良枝:監修

公開日:2019/08/22 更新日:2020/12/17

  • 顔の中心にある鼻。鼻によって顔の印象は大きく変わります。鼻をもう少し高くしたい!鼻筋を通したい!と願う女性は多いですよね。けれど、顔にメスを入れる美容整形手術は抵抗ありますし、整形手術を受けたことは周囲の人に知られたくないもの。

    このような場合は、ヒアルロン酸注射による鼻の美容整形がおすすめです。ヒアルロン酸注射の効果やメリット・デメリット、費用相場などをまとめました。

    鼻の美容整形を考えている方、是非参考にしてみてください。

    ヒアルロン酸注射とは?

    ヒアルロン酸注入によって得られる効果

    年齢を重ねていくと急激な体重の減少や皮膚の下垂によって、目の下にくまやくぼみ、しわができます。また、ほうれい線がくっきりと現れて頬がくぼんでこけてきます。そしていつの間にか他人に老けた印象を与えてしまいます。そこで、メイクでもカバーできない、しわやくぼみにヒアルロン酸を注入することによって、しわの溝やくぼみが埋まり表面がふっくらとして若々しく健康的な印象を取り戻すことができるのです。

    ヒアルロン酸の効果はどれくらい続くのか

    使用するヒアルロン酸によって違いますが1年前後、効果は持続します。

    ヒアルロン酸施術のダウンタイム

    ヒアルロン酸を注入する針跡はほとんど目立ちません。稀に注入部分に内出血や腫れ、赤みなどの症状がでる場合がありますが、1~2週間程で症状は落ち着きます。

    ヒアルロン酸の特徴

    保水力に優れたヒアルロン酸は、注入後体内の水分を吸収して膨らみ、しわやくぼみの凹凸を整えて、鼻やアゴ、唇を魅力的にボリュームアップすることができます。

    鼻への注射に使用するヒアルロン酸の特徴

    ヒアルロン酸注入直後は理想の形に整っていても、数日経過すると周囲にヒアルロン酸が流れて鼻筋が太くなるケースがありました。そこで、鼻への注射は濃度が高く弾力性があるヒアルロン酸を使用します。従来のヒアルロン酸に比べて密な架橋構造のクレヴィエルは周囲に流れる副作用を防ぐことができます。

    ヒアルロン酸注射での隆鼻術の治療の流れ

    鼻根部という目と目の間の部分から鼻筋にかけてヒアルロン酸やハイドロキシアパタイトを注入すると、鼻と目に高低差がでて鼻が高くなり、鼻筋が通って顔に立体感がでてきます。

    治療の流れ

    [カウンセリング]
    カウンセリングをして、希望する鼻の高さや形を伝え、希望に合ったヒアルロン酸や注入量を決めます。

    [麻酔]
    注入部位に麻酔クリームを塗り、注入時の痛みを取り除きます。15分程で麻酔の効果がでてきます。

    [デザイン]
    注入を希望する部位や高さによって、サインペンでデザインします。

    [注入]
    横になった状態でいよいよ注入をします。まず、ヒアルロン酸を注入するときの痛みをさらに軽減するために、極細の針で局所麻酔薬を注入します。そして5~10分かけてヒアルロン酸を注入していきますが、ほとんど痛みはありません。注入がある程度終了した時点で、鏡でチェックをして形を整え、必要に応じてヒアルロン酸を追加で注入します。出血や腫れはほとんどないため、この時点で完成に近い状態になっています。

    治療後の注意点

    ・患部を擦らなければ、当日の洗顔や入浴は可能です。
    ・治療後2~3時間でメイクをすることができます。
    ・治療後すぐにメガネを着用しないようにしてください。
    ・直射日光は避けて、日焼け止めを使用してください。

    鼻へのヒアルロン酸注射の効果

    鼻へのヒアルロン酸注射によって得られる効果

    ヒアルロン酸を鼻筋に注入すると鼻が高くなり、鼻筋が通ります。鼻筋をほんの少し通すだけでも目と目の距離が近い印象になり顔に立体感がでて、表情がスッキリと若々しくなります。さらに鼻の先が細く見えて、小鼻が小さく見える効果が期待できます。また、鼻根部~鼻背部にかけてある横ジワが、ヒアルロン酸注射で鼻を高くすることによって浅くなる効果もあります。

    段鼻や鷲鼻を改善

    外側鼻軟骨と鼻骨がずれていることが原因でおこる鷲鼻や段鼻。美容整形手術で骨を削らなくても、ヒアルロン酸を注入してへこんでいる部分を平らにすることで、鷲鼻や段鼻を修正することが可能です。

    曲がっている鼻をまっすぐに

    曲がっている鼻をまっすぐに整えたい場合、切開などの手術をしなければいけません。しかし軽度な鼻の曲がりの場合、ヒアルロン酸注射で鼻筋をまっすぐに整えることが可能です。

    注入剤の濃度や材質、個人差によって効果が持続する期間は違いますが、1年~数年ほどで徐々にヒアルロン酸は分解吸収されます。ヒアルロン酸注射は治療後すぐに効果を実感することができ、気に入らない場合はヒアルロン酸を分解する注射によって元に戻すことが可能です。

    鼻へのヒアルロン酸注射のメリット

    リスクを少なくし安全性が保障された施術

    鼻を高くしたい、鼻筋を通したいと思っていても、顔を切開することや美容整形に抵抗があって、踏み出せない女性は少なくありません。このような方には、ヒアルロン酸注射によるプチ整形がおすすめ。鼻へのヒアルロン酸注射は、美容整形手術に起こり得るリスクや施術後のダウンタイムが発生するリスクを少なくし、安全性が保障されています。

    日常生活に影響なく気軽に施術ができる

    美容整形手術を受けた後、すぐに日常の生活に戻れるわけではありません。ダウンタイムが終わるまで自宅で安静にする必要があり、仕事や学校に影響がでてしまいます。その点、ヒアルロン酸注射は1日で鼻筋を高くすることができ、ダウンタイムもありません。普段の生活に大きな影響を与えることなく、気軽に施術を受けることができます。

    ストレスを感じることがない

    顔を切開する美容整形手術を受けることに後ろめたさを感じたり、顔を変えたことを周囲の人にどう思われるかなど少しのストレスを感じたりすることがあります。その点、体内に元々存在する成分を鼻へ注入するヒアルロン酸注射は、リスクも少なく美容整形手術後のストレスや後ろめたさを感じることがありません。

    低価格で受けられる施術

    美容整形手術に比べて費用を抑えることができ、鼻に定期的にヒアルロン酸注射をしても合併症のリスクがほぼないということが最大のメリットです。注射の痛みも少ないので、施術中にストレスを感じることはありません。

    ヒアルロン酸注射のリスクや副作用

    軽い痛みや違和感を覚えることがある

    ヒアルロン注射をする場所によっては、注入のすぐ後に軽い痛みや違和感がある場合があります。ですが、これらの症状は打撲と同じなので数日で治ります。治療の当日は少し突っ張った感じがすることがありますが、時間が経つとともに気にならなくなります。

    内出血やむくみ、腫れ

    毛細血管が多い箇所や皮膚が薄い部位では、内出血をおこすことがあります。また、ヒアルロン酸を注入したときの刺激により、むくみや腫れを感じることがあります。気になる部分を触ったり、強く押したりしないように注意をしていれば1週間ほどで症状はなくなります。注射をした箇所を除けば、治療後すぐにメイクが可能です。翌日からは注射をした箇所にもメイクができるので、内出血がでてしまってもコンシーラーやファンデーションで目立たなくすることができます。

    血管が多い箇所への注入は注意が必要

    万が一、血管にヒアルロン酸を注入して血栓ができた場合、また、血管を圧迫して血流障害が起こると、その先にある組織が壊死してしまう危険があります。血管が多い鼻根部辺りは細心の注意が必要です。

    ヒアルロン酸注射による副作用がでる場合もありますが、ほとんどの症状は1週間位でなくなります。確かな技術を持つ経験豊富な医師の治療であれば、さらにリスクを低くすることができます。リスクや副作用が心配な方は、信頼できるクリニックや医師を選びましょう。

    鼻へのヒアルロン酸注射にかかる費用

    美容医療のなかでも気軽に治療を受けられることが魅力のヒアルロン酸の注入。鼻へのヒアルロン酸注射は種類や使用する量によって、かかる費用が異なります。また、美容のための治療である鼻へのヒアルロン酸注射には、保険が適用されません。ここでは、鼻へのヒアルロン酸注射にかかる費用相場についてご紹介します。

    鼻へのヒアルロン酸注射の最安値と最高値

    ヒアルロン酸1ccの価格相場は、4~6万円と言われています。さらに、特殊な針や麻酔などのオプション料金として1万円前後かかることがあります。クリニックによって治療にかかる費用は異なりますが、値段が高いクリニックだと10万円前後、比較的安いクリニックだと6万円前後となります。注入したヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていき、効果は1年前後持続します。

    鼻へのヒアルロン酸注射の費用相場

    ヒアルロン酸の種類や注入量よって違いますが、鼻へのヒアルロン酸注射1回の費用相場は、8万円前後にしているクリニックが多いです。オプション料金がかかるクリニックもあるので、費用については治療を受ける前にクリニックに確認をとりましょう。

    クリニックによって価格が違うヒアルロン酸注射ですが、価格の安さだけでクリニックを選ぶのではなく、使用するヒアルロン酸や治療内容をしっかり確認して信頼できるクリニックを選びましょう。値段が高くても、高濃度・高密度のヒアルロン酸を使用するクリニックで治療を受ければ、効果は長持ちします。

    鼻へのヒアルロン酸注射とプロテーゼの違い

    プロテーゼとは

    数ミリ鼻の穴を切開してシリコン製剤を鼻筋に沿って挿入します。傷のあとが目立つことはなく、自然でキレイな鼻筋に整えます。

    効果が持続する期間の違い

    鼻へのヒアルロン酸注射の効果は1年前後持続します。一方プロテーゼの効果は半永久的に持続します。的確な処置をすることによって、ずれたり透けたりする心配もありません。

    ダウンタイム

    ヒアルロン酸注射によるダウンタイムはないので、普段の生活に支障はありません。プロテーゼのダウンタイムは7~10日です。首から下のシャワーであれば当日からOKですが、運動や入浴は術後1週間からになります。そのため、しっかりと休暇をとる必要があります。

    費用相場の違い

    ヒアルロン酸注射の費用相場は8万円前後です。プロテーゼの費用相場は30~40万円前後です。プロテーゼは、既製品にするかオーダーにするかで値段が異なります。

    ヒアルロン酸注射とプロテーゼ、どちらでもキレイな鼻筋に整えることができます。治療方法や価格など、自分に合った方法を選びましょう。

    美しい鼻にするための形成の注意ポイント

    鼻への施術に適したヒアルロン酸

    ヒアルロン酸には様々な種類があり、硬さや粒子の大きさが違います。粒子が細かいヒアルロン酸を鼻に注入すると、鼻の皮膚の力に負けてヒアルロン酸が押しつぶされる可能性があります。皮膚の力に負けない硬く粒子が大きいヒアルロン酸を使用することで、きれいな鼻筋に仕上がり、効果も持続します。

    ナチュラルに仕上げるために

    ヒアルロン酸注射は注入する箇所と量が、仕上がりを左右するポイント。鼻に注入するヒアルロン酸は硬いので、注入箇所や量を間違えると不自然な仕上がりになります。ヒアルロン酸をたくさん注入すると、注入した箇所が盛り上がってしまうことも。顔全体のバランスを考えながら、適度な量を正しい場所に注入することで、ナチュラルな仕上がりになります。

    どの角度から見ても美しい鼻

    鼻を高く鼻筋を通すことだけを考えるのでなく、鼻先と唇の距離を意識して、鼻、口元、顎のバランスを考えてヒアルロン酸の注入をすると、どの角度から見ても美しい鼻に仕上がります。

    まとめ

    鼻にヒアルロン酸注射をすることで、鼻が高くなり鼻筋が通ります。顔の中心にある鼻がシュッとするだけで、顔全体に立体感がでて華やかな印象の魅力的な顔に近づきます。また、切開などの美容整形手術と違い、施術中の痛みやダウンタイムもほとんどありません。施術時間も短く、メイクもすぐにできるので、学校や仕事など普段の生活に支障がでないのも嬉しいですね。

    美容整形手術より費用を抑えられ、周囲の人に気づかれることなく美しく変身できるヒアルロン酸注射。鼻へのヒアルロン酸注射は、経験豊富で確かな技術を持つ医師に施術を受けること、価格や施術内容など信頼できるクリニックを見つけることが大切。

    コンプレックスを克服し、理想通りの美しい鼻を手に入れることで、毎日の生活がよりハッピーになりますよ。