【医療脱毛】永久脱毛ってなに?後悔しないための知識全て教えます!

抗加齢学会専門医/麻酔科認定医
コッツフォード良枝:監修

公開日:2021/02/26 更新日:2020/11/27

永久脱毛に興味がある人は多くいます。
しかし、いざとなると尻込みしてしまうのではないでしょうか。
それは永久脱毛に関する、正しい知識を備えていないことが原因です。
まずは、永久脱毛とはどのようなものかを理解することからはじめてはいかがでしょうか。
記事では、永久脱毛の定義や施術することによって生じるメリットやデメリットなど、永久脱毛に関する知識を紹介します。

永久脱毛とは?

永久脱毛とは?
永久脱毛について、その定義や実際の施術方法を紹介します。

永久脱毛の定義

永久脱毛とは、その名前から、一度施術を施すと二度と毛が生えてこないと思われがちですが、そうではありません。
米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)では、永久脱毛の定義を次のように定めています。
まず、最後に脱毛してから一カ月経った後でも、毛の再生率が20%以下であること。
さらに、脱毛施術を3回施して6カ月経過した後であっても、3分の2(67%)以上の毛がなくなっていることです。
このことからわかるように、永久脱毛を施したとしても、ある程度は毛が生えてくる可能性があります。

永久脱毛の方法

永久脱毛の施術が、実際にどのように施されているのかわからないために、不安に感じる人もいるでしょう。
脱毛の施術方法には、レーザー脱毛と光脱毛という二種類の方法があります。
レーザー脱毛は医療脱毛の一環であり、パワーの強い器具を使った脱毛行為です。
これは医療行為なので、医療機関でのみ行なえます。
また永久脱毛という言葉を使えるのも、医療機関だけです。
美容サロンや脱毛サロンなどで、永久脱毛という言葉は使えません。

一方の光脱毛は、レーザー脱毛に比べると若干効果が劣ります。
医療行為ではないので、各種サロンなどで広く施術されている脱毛方法です。
ただし、光脱毛による脱毛は一時的な抑毛効果にすぎないものだと認識しておきましょう。
ムダ毛が生える勢いをある程度抑え込むことはできますが、永久脱毛とは言えません。
しっかりとした脱毛効果を得たい人は、医療脱毛(永久脱毛)がおすすめです。

永久脱毛のメリット

永久脱毛のメリット
永久脱毛を施すことでメリットを得ることが出来ます。

自己処理の手間がなくなる

永久脱毛を施すと、自己処理をする必要がなくなります。
そうすると、それまで自己処理に使っていた手間と時間がまるまる浮くことになるのです。
一度の自己処理にかかる時間はそれほど多くありませんが、生涯を通してかかる分を通算すると相当なものになるでしょう。
美容液やシェービングクリームなどランニングコストとしてかかっていたお金も馬鹿になりません。
この浮いた分の時間やお金を利用して、人生を有意義にする趣味や習い事などに取り組むこともできます。
つまり永久脱毛をすることで、日々の生活が充実するのです。
これは大きなメリットだと言えるでしょう。

また、ムダ毛は定期的に生えてくるものなので、早く処理をしなければならないというプレッシャーを感じる人もいます。
特に体毛が濃いことがコンプレックスの場合、無駄毛の処理を怠って他人に見られてしまったらどうしようという不安も抱えているのです。
永久脱毛をすれば常に処理した後の状態をキープできるので、不安を払拭できます。

衛生的になる

ムダ毛を取り除く永久脱毛は、衛生面の改善につながります。
特にVIOエリアを永久脱毛することで得られるメリットは大きいでしょう。
まず、ムダ毛がない状態をキープできれば、蒸れにくくなります。
すると皮膚がかぶれたり、かゆみを伴ったりする、お肌トラブルを全般的に予防することができるのです。
特に女性であれば、生理のときに感じやすい、このような一連のストレスを解消することにつながります。
さらに老後を迎えた時にも、VIOエリアの永久脱毛を施していることによるメリットを享受できるでしょう。
もし介護を受ける立場になったとしても、VIOエリアのムダ毛が処理されていれば、排泄物の処理が比較的楽に済むからです。

毛がある状態だと、排泄物を拭き取りにくく、介護をする立場の人が大変な思いをします。
また、清潔に保とうとして力強くこすると、毛が引っ張られてしまい、強い痛みを伴うかもしれません。
このことからわかるように、介護をする側、介護をされる側、どちらにとってもVIOエリアのムダ毛は処理されている方が好ましいのです。
老後を迎えてからこまめにムダ毛を処理することは現実的ではありません。
そのため、若いうちから永久脱毛しておくことをおすすめします。
実際、老後の介護をスムーズに行ってもらいたいという動機から、VIOエリアの永久脱毛をする人が増えているのです。

肌がきれいになる

ムダ毛の自己処理を行うと、肌を傷つけてしまう危険があります。
自己処理ではシェーバーを使う人が多く、肌に直接刃を当てることになるからです。
また、家庭用の除毛クリームを利用する人も少なくありません。
除毛クリームには、ムダ毛を溶かすための薬品が含まれているので、皮膚が敏感で弱い人にとっては刺激が強すぎてしまい、肌トラブルの原因になります。
このように自己処理を繰り返すことは、肌に深刻なダメージを与えることにもなりかねません。
負担が蓄積した肌は、慢性的な肌荒れを起こすようになり、さらに悪化すると肌が黒ずむ原因にもなります。

ムダ毛の自己処理によって引き起こされるトラブルは、永久脱毛を施すことで解決することが可能です。
永久脱毛を施術すれば、自己処理の機会も減り、肌への負担を劇的に減らすことにつながります。
今現在、肌にトラブルを抱えている人であっても、こうして負担を減らせば、徐々に健康を取り戻していくはずです。
また、永久脱毛を施すと毛穴が引き締まるため、お肌も綺麗になり、化粧も映えます。

後悔する?永久脱毛のデメリット

後悔する?永久脱毛のデメリット
永久脱毛を施すことで、デメリットを被ることもあります。
しかし、デメリットは対策を施すことでケアすることも可能です。

痛みが強い

永久脱毛を行うにはレーザーを照射する医療レーザー脱毛という施術方法があります。
医療レーザー脱毛は、脱毛効果が期待できる反面、施術中に強い痛みを感じるというデメリットも生じるのです。
医療レーザー脱毛には、熱破壊式と蓄熱式という2つの種類があり、特に熱破壊式のほうが強い痛みを伴う傾向があります。
また、永久脱毛を行う際の痛みの度合いは、施術箇所によっても異なるのです。
背中やスネなどと比べて、脇やVIOエリアなどの方が、毛が濃くなりがちな分、施術する際の痛みも激しくなります。
しかしこのような痛みは、麻酔クリームや麻酔用の笑気ガスなどを使用することで緩和することができるでしょう。
痛みに弱い人は、麻酔の利用を検討して下さい。

医療レーザー脱毛を行う際には、事前に無料でカウンセリングを行います。
その際、肌チェックも兼ねてテスト照射を行うことが可能です。
医療レーザー脱毛は、一回施術を行えば終わりというものではなく、長期に渡ってクリニックに通います。
その分、費用も高額になりがちです。
自分の肌や生活スタイルに合わないことに、実際に施術を開始してから気づくと損をするかもしれません。
そうならないように、契約をする前には細かいところまで確認しておくとよいでしょう。

肌トラブルが起こる可能性

医療レーザー脱毛による永久脱毛は、脱毛効果に期待ができる分、肌への負担も増えてしまいます。
稀に硬毛化が起こることもあります。
硬毛化とは、産毛のように柔らかい毛であっても、硬い毛に変質してしまう現象のことです。
医療レーザー照射によって毛母細胞が活性化してしまうことで起こると言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。
また、医療レーザー照射は、肌荒れのリスクも伴います。
多少肌が赤く腫れる程度であれば、それほど気にする必要はありませんが、やけどのようにひどい状態になるケースもあるので、注意が必要です。

永久脱毛に関する知識や技術は日々高まっているので、以前よりもこういったリスクは低くなりました。
しかし、より安全に施術を受けるためには、しっかりとアフターケアを施すことが大切です。
具体的には、永久脱毛の施術を受けた後は、施術した箇所に潤いを与えて冷やして下さい。
クリニックでは、保湿ローションやケアクリームを提供したり、処方箋を出したりできるので、不安な方は事前に確認しておきましょう。
このように自分から率先してセルフケアに取り組めば、肌トラブルが起こるリスクを最小限にとどめておくことができるはずです。

時間がかかる

永久脱毛で効果を実感するには個人差があります。
一度の施術で実感できる人もいますが、多くの場合、複数回の施術が必要です。
一般的に肌への負担などを考慮して、1~2カ月に1回の頻度で施術を行います。
基本的に、永久脱毛を一度受けただけでは、すぐにツルツルにはなりません。
例えば、5回の施術で完了するプログラムの場合、半年から1年程度も時間を必要とします。
なかには1年半程度掛かる人もいるほどです。
このように、時間がかかる点は永久脱毛のデメリットだと言えます。

また、プログラムを完了した後でも、さらなる効果を追求したい場合は、続けて施術を受けることが可能です。
永久脱毛は、施術を受けるほど脱毛効果を実感できる特性があるので、自身が納得できるように計画を立ててください。
ただし、いくら永久脱毛に時間がかかるとはいっても、光脱毛などと比べて期間が短く済むことは、覚えておいた方が良いでしょう。

完全に毛がなくなるわけではない

永久脱毛という名前から、施術を受けた後は一本も毛が生えないと考えてしまいがちですが、そう断言はできません。
確かに、永久脱毛を施すとかなりの高確率で毛が生えなくなります。
しかし、なかには数本程度、毛が生えてきたというケースもあるのです。
そもそも永久脱毛とは、最後に脱毛処理をしてから1カ月経った後の毛の再生率が20%以下であることと、永久脱毛処理を3回行った後、6カ月経過したときに67%(3分の2)以上の毛がなくなっていることの両方を達成していれば問題ありません。
そのため、施術をして少しくらい毛が生えている状態であっても、永久脱毛を完了したと言えるのです。

あくまでも永久脱毛とは、他の脱毛処理と比べて高い脱毛効果が実感できる施術方法だと考えて下さい。
多少は毛が生えることもあるのです。
このように正しい知識を持つことで、永久脱毛を施した後にショックを受けるリスクを下げられます。
その一方で、永久脱毛を受けた人の中で、処理をしたはずのムダ毛が元通りに復活してしまったり、再び体毛に悩まされたりした人はほとんどいないので安心して下さい。

毛を元に戻すことはできない

永久脱毛をすると、毛が元のように生えてくることはありません。
そのため、きちんと覚悟を決めないまま、なんとなく永久脱毛してしまうと、後悔してしまいます。
例えば脇毛や腕毛、すね毛などは、たとえ今後一切毛が生えてこないとしても、大きな問題にはならないでしょう。
しかしVIOエリアの毛や生え際、ひげなどは、脱毛後に後悔する可能性があります。
ひげの場合、世間の流行で伸ばすほうがカッコいいという風潮になれば、永久脱毛したことを惜しむかもしれません。
VIOエリアの毛については、温泉やプールの脱衣所などの人目に触れる場において、恥ずかしさを感じてしまうこともあるでしょう。

このように、将来、心境の変化が予想される箇所の永久脱毛については、実行するかどうかをしっかり考慮する必要があります。
永久脱毛は効果が高い一方、一度脱毛すると二度と元には戻らないことを肝に銘じて下さい。
また、一度にすべての毛を永久脱毛してしまわずに、段階的に毛量を減らすというやり方もあります。
徐々に毛量を減らすことで、自分自身の心の変化をゆっくりと見極めることができます。
その途中で、脱毛自体を中止するという選択肢も選べるのです。
このような安全策を取ると、安心して施術に取り組むことができます。
すべての毛を永久脱毛するか、自然に見えるように毛量を減らすか、脱毛計画を立てる段階で明確にしておくほうが懸命です。

よくある誤解

よくある誤解
一般に言われている永久脱毛のデメリットの中には、誤解も含まれています。
例えば、永久脱毛をすると発汗量が増えるという噂です。
それを裏付ける証拠はありません。
ただし、汗をかいたときにそれを受け止める毛がないので、肌で汗を感じやすくなっている可能性はあります。
このことから脱毛後には汗を意識しやすくなり、「永久脱毛すると汗が増える」という誤解につながったと推測できるでしょう。
永久脱毛するとワキガになるという噂もあります。
ワキガとは、アポクリン腺という汗腺がもととなって引き起こされるものですが、永久脱毛を行うことでこの汗腺が増えるデータはないのです。

ただし、永久脱毛をした直後は肌に違和感があるため、それがストレスとなって通常より多くの汗をかくことはあるかもしれません。
そのせいで普段より強い臭いを発するようになれば、このような噂が広まったことも納得できます。
このように、一部で言われる永久脱毛によるデメリットは、科学的根拠を伴わないものであり、噂の域を出ません。
汗も増えないし、ワキガにもならないので、安心して永久脱毛を検討してください。

正しい知識をもって後悔のない永久脱毛を!

正しい知識をもって後悔のない永久脱毛を!
永久脱毛を施すことで、ムダ毛の自己処理の手間を削減したり、コンプレックスを解消したりすることが出来ます。
一方で効果が強い分、肌荒れなどのデメリットも生じますが、これらはアフターケアをすることでフォローできるでしょう。
このように永久脱毛には、たくさんのメリットとともに、いくつかのデメリットもあります。
それぞれをきちんと理解することで後悔のない永久脱毛を行って下さい。