【医療脱毛】永久脱毛で全身施術は可能?当日の注意点まで紹介します

抗加齢学会専門医/麻酔科認定医
コッツフォード良枝:監修

公開日:2021/03/24 更新日:2020/11/27

自己処理の負担がほとんどなくなり、キレイなツルツルの肌を手に入れられる永久脱毛に憧れる人は多いでしょう。
永久脱毛について深く知ることで、後悔がない脱毛ライフを実現しやすくなります。
今回は、永久脱毛について興味がある人に向けて、永久脱毛の定義や基礎知識、脱毛可能部位などの情報についてお伝えしましょう。

永久脱毛(医療脱毛)とは

永久脱毛(医療脱毛)とは
永久脱毛は名前に「永久」と入っていることもあり、脱毛後は永久に毛が生えてこないと考えがちです。
しかし、永久脱毛は施術後に永久に毛が生えてこなくなることではありません。
永久脱毛の意味を誤解すると、後で後悔することもあるでしょう。
ここからは、そもそも永久脱毛は何なのかや、永久脱毛に関する正しい知識について説明していきます。

永久脱毛の定義

実は、日本では永久脱毛について明確が定義は定められていません。
では、どういう状態を永久脱毛と呼ぶことができるのか、それはアメリカの脱毛協会などが定めたルールによって判断されます。
米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)が発表している定義では、「最終脱毛から一か月後の毛の再生率が20%以下の状態」「3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%以上の毛が減っている状態」の2つがあります。
このように、永久脱毛は毛が一本も生えていないような、完全にツルツルの状態を意味しているわけではありません。
ただ、医療脱毛クリニックで脱毛すれば永久脱毛に近い状態にすることができ、ほぼ自己処理が不要な状態にできます。

施術方法

原則的に、永久脱毛は医療脱毛クリニックのみでおこなうことができます。
法律上、エステサロンでは永久脱毛はできないことになっており、エステサロンでおこなう光脱毛は、効果が一時的な除毛・減毛に限られているのです。
永久脱毛ができる医療脱毛クリニックの施術方法は、大きくわけてニードル脱毛とレーザー脱毛の2種類があります。

ニードル脱毛は、一つひとつの毛穴に針を挿入し、電流を流して毛根の発毛細胞を破壊していく施術方法です。
針で一つひとつの毛根に直接アプロ―チするため、脱毛効果が非常に高く確実な永久脱毛が可能です。
レーザー脱毛は、毛の色である「黒いメラニン色素」に反応して熱を発生するレーザーを肌にあて、発毛組織にダメージを与えていきます。
ただ、皮膚の表面に出ている毛は、無数にある毛全体の僅か20%~30%ほどです。
毛周期に合わせて何度も施術をおこなうことで、永久脱毛と言えるほどの効果を得ることができます。

「ニードル脱毛は効果が高いが痛みが強い」、「レーザー脱毛はニードル脱毛に比べて痛みがマイルドだが確実性や永久性が劣るなど」、それぞれにメリットやデメリットがあります。
ニードル脱毛はレーザー脱毛が登場するまでは主流の施術方法でしたが、今は限られたクリニックでしか取り扱っていません。
そのため、医療脱毛クリニックではレーザーによる永久脱毛が主流になっています。

脱毛可能部位

多くの医療脱毛クリニックでは、全身脱毛ができるコースを提供しています。
しかし、全身脱毛と言っても、どこからどこまで脱毛できるのか、気になることも多いでしょう。
医療脱毛クリニックの全身脱毛のコースに含まれる部位にはどんなものがあるのでしょうか。

全身脱毛のコースには、顔脱毛が含まれているものもあります。
顔脱毛とは、鼻や頬、おでこ、もみあげなど、顔にあるムダ毛を処理することを言います。
顔というのは、一番初めに人の視線が集まる部位です。
脱毛によって顔にあるムダ毛を無くすことにより、第一印象や清潔感アップに繋がります。

続いては、上半身脱毛です。
上半身脱毛は、手の甲、腕、両脇、胸、背中、お腹周りなど、上半身の気になる箇所を対象にしています。
範囲が広いので脱毛にかかる時間も必然的に長くなりますが、永久脱毛することで自己処理が不要になるという大きなメリットが得られるでしょう。
下半身脱毛はお腹の下から足の指先までが対象ですが、デリケートゾーンのVIOラインは基本的に含まれていないので注意が必要です。
下半身脱毛は、ひざ上、ひざ、ひざ下、腰、ヒップ、足の甲、足の指など、脱毛部位が細かくわかれています。
足も脱毛範囲が広いので、ひざ下だけなど部分的にではなく、下半身全体を脱毛できるコースを選ぶことで自然な仕上がりになるでしょう。

VIO脱毛は、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門回り)など、デリケートな部分の脱毛のことです。
VIOは、顔や腕、足や脇などと同様、お手入れが欠かすことのできない部位となっています。
デリケートゾーンは汚れがつきやすい部位でもあるので、脱毛すれば衛生面にも良い影響があるでしょう。
そして、VI0をツルツルの無毛状態にするスタイルのことをハイジーナと言います。
全ての毛を処理できるので、見た目がスッキリし、より清潔感のある肌を目指すことができるでしょう。
ただ、このハイジーナ脱毛にはメリットだけでなくデメリットもあります。
永久脱毛してしまった場合、後で元の形に戻すことはできないので、しっかり考えてからVIOは部分的に残すのか、ハイジーナにするのか決めるようにしましょう。

永久脱毛を受ける条件はある?

永久脱毛を受ける条件はある?
脱毛には年齢制限はありません。
未成年の場合は親の同意書が必要になりますが、同意書さえあれば子どもでも医療脱毛クリニックで全身脱毛の施術を受けることができます。
しかし、未成年はホルモンバランスが安定していないため、思春期を過ぎた後に脱毛をおこなうのがおすすめです。
そうすることにより肌トラブルのリスクを最小限に抑えることができますし、ホルモンバランスの影響でせっかく処理したムダ毛が生えてくるということもありません。

年齢制限がなく、子どももお年寄りも脱毛することができますが、中には施術を断られてしまうこともあります。
日光過敏症は日光アレルギーとも呼ばれ、本来は日光を浴びることにより肌荒れなどの症状が出ます。
しかし、レーザーやフラッシュによる光を肌に照射すると、日光過敏症の様な症状が現れることがあるため、施術ができないことがあるのです。
皮膚に特殊疾患がある人も、肌の状態によっては施術を断られてしまうこともあります。

また、生理が始まって2、3日目は経血の量が多く、この期間に施術をおこなうと生理のときに出る経血が脱毛器具やベッドに付着し、感染症などのリスクも高まります。
そのため、生理中はVIOやヒップの脱毛ができないこともあるようです。
妊娠中や生理中は、体内のホルモンバランスが急激に変化し、それにより肌トラブルを招いていてしまうことがあるので注意しましょう。

よくある皮膚トラブルに、ニキビやアトピーがあります。
「顔や背中にニキビがある」「アトピーで肌にかゆみがある」などの理由から、脱毛の施術が受けられるか不安だと感じる人もいるでしょう。
結論を言うと、肌にニキビがあったり、アトピー性皮膚炎だったりしたとしても、医療脱毛クリニックで施術を受けることができます。
しかし、ニキビにも様々な種類がありますし、肌状態が悪い時は施術を断られる可能性もあるので気をつけましょう。
これらのルールは、肌トラブルのリスクを最小限にするために設けられているものです。
肌のコンディションをしっかり整えることで、肌のトラブルも発生しにくくなり、安心して全身脱毛の施術を受けることができるようになります。

永久脱毛のメリット

永久脱毛のメリット
医療脱毛は、永久脱毛がおこなえるほど高出力のレーザーを使用し、脱毛をおこなっていきます。
そのため、医療脱毛はエステ脱毛の2倍のスピードで脱毛を完了させることができるのです。
永久脱毛と聞くと時間がかかりそうなイメージがありますが、医療脱毛は脱毛器の出力が強い分、比較的短時間・少ない回数で施術を完了することができます。

また、医療脱毛は脱毛効果が高く、永久的に脱毛効果を得られることも大きなメリットです。
回数をこなしていくことにより、自己処理が全く必要ないような、すべすべの肌を手に入れることができるでしょう。
思ったような脱毛の効果が得られない場合、さらに施術の回数を増やすことになることがあります。
医療脱毛は少ない脱毛回数でもしっかり効果が出ますし、長期的な手間を考えると、永久脱毛はかなりコスパが良いと言えるでしょう。

脱毛器による施術は、高熱による光を皮膚に照射し、毛根にダメージを与えていきます。
そのため、場合によっては脱毛後にやけどや肌の赤みなどのトラブルが起きる可能性もあるでしょう。
医療脱毛クリニックには、医師や看護師が在住しており、万が一のトラブルが起きてもすぐに対応可能となっています。
大事な素肌を守るためにも、お店を選ぶ時は施術者のレベルの高さや、サポート体制の充実度をしっかり確認することが大切です。

永久脱毛のデメリット

永久脱毛のデメリット
医療脱毛クリニックでおこなう永久脱毛は、効果が高い分痛みを感じやすい施術法となっています。
特にニードル脱毛は、毛穴に直接針を刺し、そして電気を流すということもあり、エステ脱毛やレーザー脱毛とは比にならないほど痛みが強いと言われています。
ただ、医療機関でおこなう施術は麻酔を使用できるので、痛みを感じやすい人は麻酔を使えばデメリットを回避することができるでしょう。

医療脱毛は安全性の高い施術の一つですが、肌トラブルのリスクもあります。
医療脱毛は高い効果が得られる反面、ニキビや肌荒れ、皮膚の赤み、やけどなどの軽い副作用が生じる場合があるのです。
しかし、医療機関で何らかのトラブルがあった場合すぐに医師に対処してもらうことができるので、そこまで心配する必要はないと言えるでしょう。

他の永久脱毛のデメリットに、永久脱毛をおこなったからと言っても、必ずしも永久に毛が生えてこなくなるわけではないというものがあります。
上記で説明したように、アメリカの脱毛協会が定めた定義では、「最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下」で永久脱毛と呼ぶことができるようになります。
そのため、永久脱毛と呼ばれるほど効果が高い施術をおこなっても、場合によっては毛が何本か生えてくることもあるので注意しましょう。

永久脱毛をおこなえば、毛がほとんど生えてこない状態が続きます。
それは、一度施術をすると元の状態には簡単に戻せなくなるということを意味しています。
脇や腕、脚などの毛は全て脱毛しても心変わりすることは少なめですが、眉毛やもみあげ、髭、VIO脱毛などは、場合によっては「元に戻したい」「形に不満」だと感じることもあるかもしれません。
このように、毛が全く生えてこないということは、メリットにもデメリットにもなります。
後で後悔しないためにも、施術をおこなう時はこのデメリットを理解したうえで、全身脱毛を受けるようにしましょう。

最後に、医療脱毛はエステ脱毛に比べて費用が高いというデメリットがあります。
エステ脱毛の全身脱毛の相場は20万円~30万円、医療脱毛の全身脱毛の相場は30~40万円となっているのです。
コスパを全く考えない場合は、エステ脱毛を選んだ方が財布への負担も少なくなります。
脱毛費用を少しでも抑えたいならば、エステ脱毛を選んだ方が良いでしょう。

脱毛前後に気をつけたいこと

脱毛前後に気をつけたいこと
脱毛は、脱毛部位やその人の肌の状態に合わせて出力を微調整しながら施術をおこなっていきます。
そのため、肌の状態が悪ければ出力を下げることになり、脱毛効果も低くなってしまうでしょう。
脱毛を受ける際には、気をつけなければならないことがいくつかあります。
脱毛効果を下げてしまうことがないよう、脱毛前後に気をつけたいことを紹介します。

脱毛前~当日

毛が伸びっぱなしの状態でレーザーを照射すると、毛に熱がつたわり、それが皮膚に触れることでやけどなどのトラブルが生じます。
そのため、脱毛をおこなう前はムダ毛を全て処理する必要がありますが、毛抜きやワックスなどを使った自己処理はNGです。
これらのやり方は毛根からムダ毛を引っこ抜いてしまうので、レーザーが反応しなくなって脱毛効果もほとんどなくなってしまいます。
自己処理は肌への負担が少ない電気シェーバーを使うようにし、ムダ毛は1~2日前に処理をするようにしましょう。

また、当日は制汗剤や日焼け止めを塗らないように気をつけてください。
制汗剤や日焼け止めを塗ることで施術前に肌に塗るジェルの浸透を妨げるだけでなく、紫外線をカットする効果がある日焼け止めは、脱毛器から発せられる光もカットしてしまう恐れがあります。
そして、施術前は飲酒や薬の服用(予防接種含む)、激しい運動はおこなわないようにしましょう。
アルコールを飲むと体温が上がって血流が良くなり、脱毛後の炎症が強くなってしまうことがあります。
そして、薬の服用中に脱毛を受けると、副作用のリスクがあります。
運動も、アルコールを摂取した時と同様、血行が良くなり、施術後にやけどや赤みなどの肌トラブルが発生しやすくなるのです。
脱毛前日や当日は、なるべく激しい運動を控えるようにしましょう。

施術後

施術前と同様、施術後は飲酒や運動、長時間の入浴や汗を欠くような運動は避けるようにしましょう。
血流が良くなることで、赤みが強くなる可能性があります。
また、汗を欠くことで毛穴に雑菌が入り、炎症などのトラブルやヒリヒリ感などが現れることもあるので気をつけましょう。

脱毛後は、レーザーの熱の影響で肌の水分が失われ、皮膚が乾燥しています。
肌の乾燥は肌のバリア機能の低下を招き、様々な肌トラブルへと繋がっていきます。
乾燥肌を防ぐため、保湿ジェルやローションでしっかり整え、最後に保湿力の高いクリームをたっぷり塗るようにしてみましょう。

脱毛した後の肌は普段より敏感になっており、紫外線の影響を受けやすくなっています。
そのため、紫外線対策をしっかり行うことが大切です。
紫外線が強い時間帯は外出を避け、帽子や日傘、日焼け止めなどのアイテムを使い、肌を守るようにしましょう。

永久脱毛なら全身施術がおすすめ!

永久脱毛なら全身施術がおすすめ!
全身脱毛をおこなうならば、永久脱毛がおすすめです。
効果が低い脱毛方法だと、脱毛回数がかなり大きくなるだけでなく、 脱毛完了後に毛が生えてくる可能性も高くなります。
コスパを意識するなら、医療脱毛でほとんど毛が生えてこない状態にするのが一番です。
ムダ毛の処理にもう時間を費やしたくない、全身のムダ毛を素早く一掃したい場合は、脱毛効果の高い医療脱毛クリニックで永久脱毛に挑戦してみましょう。