【保存版】永久脱毛とは?メリットデメリットから注意点まで徹底解説

抗加齢学会専門医/麻酔科認定医
コッツフォード良枝:監修

公開日:2021/03/10 更新日:2020/11/27

「永久脱毛」と聞くとどんなイメージがあるでしょうか。
面倒なムダ毛処理から永久に解放されるならやってみたい、と思う人も多いでしょう。
ですが本当に永久に毛が生えてこなくなるのか、またメリットだけではなくデメリットもあるのではないかなど知りたいことは多いかもしれません。
そこで、ここでは永久脱毛の定義・内容から施術の流れまでを詳しく解説していきます。

永久脱毛の定義

永久脱毛の定義
ムダ毛処理といえば最も手軽なのはカミソリで剃ることですが、すぐに毛が伸びてきてしまうためこまめにお手入れする必要があります。
毎日のムダ毛処理はとても面倒なものですが、そんな煩わしさから解放してくれるのが脱毛です。
そのため、ムダ毛に悩む人の中には脱毛を検討している人も多いことでしょう。
中でも「永久脱毛」は、その言葉から一度脱毛すれば永久に毛が生えてこない、というイメージがあるため、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

永久脱毛は、その言葉の通り永久に脱毛効果が続く、つまり一生毛が生えてこなくなるものなのでしょうか。
実は、永久脱毛にはきちんとした定義があります。
定義を行っているのはアメリカの米国電気脱毛協会(AEA)や食品医薬品局(FDA)という団体です。
AEAはアメリカ最大の電気脱毛士団体、FDAは日本の厚生労働省に近い公的機関で、医療品や化粧品・医療機器などの安全性に関わる権威ある期間です。
この2団体が定めた定義によると、永久脱毛とは「最後の脱毛から1カ月後に再び毛が生えてくる確率が20%以下であること」「脱毛の施術を3回行い、6カ月経過した時点で毛の量が3分の2(67%)以上減少していること」とされています。

この内容を見て、想像していたのと違うと思った人もいるのではないでしょうか。
永久脱毛しても一生一本も毛が生えなくなるわけではなく、最後の施術から1カ月後に多少生えてきたり、3回の施術でまだ3分の1程度毛が残っていたりしても「永久脱毛」として認められるというのです。
少しがっかりしてしまった人もいるかもしれませんが、数字で見るとそれほど効果がないように見えても実はこれだけ減っているとかなりムダ毛は目立たなくなりますし、何よりお手入れの手間は激減します。
きれいになりたい、面倒なお手入れから解放されたい、という目的は十分に果たしているといえるのです。

サロン脱毛と永久脱毛(医療脱毛)について

サロン脱毛と永久脱毛(医療脱毛)について
脱毛には大きく分けて2つの種類があります。
エステティックサロンや脱毛専門のサロンで行われているサロン脱毛と、美容クリニックで行われている永久脱毛(医療脱毛)です。
どちらも脱毛ですが、あえて言葉を分けているのにははっきりとした理由があります。
ここではそれぞれの特徴と違いについてご紹介します。

サロン脱毛

サロン脱毛と永久脱毛には共通点と異なる点があります。
共通しているのは脱毛の仕組みです。
脱毛の際には脱毛したい箇所にある特殊な波長をもった光を当てますが、この光には黒い色素によく反応するという特性があります。
そのため肌に当てると光は毛に含まれる黒い色素に吸収され、そこで熱を持ちます。
その熱が毛根とその周辺にある毛の再生組織である毛母細胞にダメージを与え、その結果新しい毛が生えにくくなるというのが脱毛の仕組みです。

異なっているのは光の出力です。
実は、法律で脱毛は医療行為と定められており、医師のいる医療機関でしか行うことができません。
そこでサロンでは、出力の低い光脱毛器を使って施術を行っています。
出力が低いため脱毛効果も比較的マイルドで、永久脱毛というよりは減毛・抑毛といった方が近いでしょう。
効果が弱い分脱毛完了までの回数が多く、また再度毛が生えてくる可能性も高いといったデメリットがありますが、一方で痛みが弱いというメリットがあります。

多くのサロンでは施術後に美肌成分の入ったローションを塗るなどの保湿ケアを行っており、ムダ毛を処理しながら肌もきれいにしたいという人ならメリットを感じることができるでしょう。
ただし万が一肌トラブルが発生した際には、サロンでは手当てができないので自分で皮膚科を受診する必要があります。

永久脱毛

美容クリニックで行う医療レーザー脱毛は、出力の高い医療用のレーザー機器を使用して行うものです。
サロン脱毛が毛の再生能力を弱める程度の効果なのに対し、医療レーザー脱毛では毛根と毛母細胞の機能をほぼ完全に破壊することができるので、永久脱毛の定義に当てはまるような高い脱毛効果を得ることができます。
短期間で脱毛が済み、いったん完了すればほぼ自己処理は必要なくなるなどのメリットがありますが、反面パワーが高い分痛みも強くなるため注意が必要です。

永久脱毛のメリット

永久脱毛のメリット
永久脱毛とサロン脱毛、それぞれの特徴や違いについてわかったところで、今度は永久脱毛にはどんなメリットがあるのかについて見ていきましょう。

効果が高い

永久脱毛の最大のメリットは、なんといっても脱毛効果が高いことです。
永久脱毛の定義を見て、施術が完了した後に毛が生えてくることがあるのかとがっかりした人もいるかもしれませんが、ほとんど気にならないレベルなので自己処理はほぼ不要になると考えて良いでしょう。
毎日のムダ毛処理の手間はストレスになりますし、カミソリや毛抜きを使用すれば肌や毛根を傷めてしまうこともあります。
そうした心配がなく、何もしなくても常にお手入れし立てのようなすべすべの肌でいられるのは、永久脱毛の大きなメリットです。

サロンの光脱毛の場合はここまでの効果はなく、施術完了後も気になるレベルで毛が残ってしまったり、その部分の処理のため再度通わなくてはならないということもあります。
やはり効果の高さという点では、圧倒的に永久脱毛に軍配が上がるといえるでしょう。

脱毛完了までの期間が短い

脱毛が効果を発揮するためには毛に黒い色素が大量にあることが必要です。
毛の再生サイクルである「毛周期」の中では「成長期」がそれに当たります。
施術はそのサイクルに合わせて行う必要があり、さらに成長期のタイミングは毛穴によって異なるため、施術は1回で終了することはなく、何度か通わなくてはなりません。
そうなると気になるのが何回通えばいいのか、そして期間はどのくらいかかるのかということでしょう。

毛周期を考慮すると、施術の間隔は永久脱毛もサロン脱毛も大体2カ月おきがベストです。
毛質や毛量などにより個人差はありますが、永久脱毛の場合はおおむね5~6回、期間にして1年程度で完了するのに対し、サロン脱毛は12~18回、2~3年ほどかかるのが普通です。
この差はどこから来るのかといえばやはり出力の違いです。
一度の照射でしっかりとした脱毛効果を発揮できる分、永久脱毛の方が早く済みます。
中には半年強で済んでしまうケースもあります。

仕事や家事に忙しい人にとって、何度も通うのは時間的にもとても負担になるものです。
そういう人にとっては短期間で済む永久脱毛が向いているといえるでしょう。

安心のサポート体制がある

脱毛の施術は肌の状態をしっかり見極めた上で安全に配慮して行われるので、基本的には心配のないものです。
しかし絶対に肌トラブルが起きないとは言い切れません。
肌に強い光を当てるとごく軽いやけどのような状態になるので、照射を受けた部位が赤くなったりヒリヒリ感を感じたりすることがありますが、これは正常な反応で時間とともに軽快していきます。
また、毛穴の中に毛が残って一時的に毛嚢炎になることもありますが、これも1~2週間で自然に治ることがほとんどなので、通常は心配は要りません。

しかし中にはこうした症状が長く続いたり、悪化してしまうということも起こり得ます。
そうしたとき、クリニックであれば医師が常駐しているのですぐに適切な処置をすることが可能です。
専門的な治療が即座に行われ、必要に応じ処方箋も出されます。
こうした万全のサポート体制があるので安心して施術を受けられるというのは大きな魅力です。

永久脱毛のデメリット

永久脱毛のデメリット
このように永久脱毛には数々のメリットがありますが、反面デメリットも存在します。
メリットだけを見て施術を受けてしまい、あとで「こんなはずではなかった」と後悔することのないよう、デメリットについてもしっかり理解しておきましょう。

痛みがある

脱毛機の出力が高く脱毛効果が高い、というのは永久脱毛の大きな利点ですが、同時に出力が高いため痛みも強いというデメリットがあります。
脱毛の痛みは、光が黒い毛に吸収されて熱エネルギーとなり、そこから周りに刺激が伝わるために起こるもので、したがって光が強ければそれだけ刺激も強く痛みが増します。
また、細い毛に比べて太く黒々とした毛の方が多くの光を吸収するので、発生する熱エネルギーの量も多くなり、その分痛みが強くなるというのも特徴です。
したがって、毛の薄い人よりは毛深い人、顔など毛の細い部位よりはワキやVIOなど毛の太い部位の方が痛みは強くなります。

サロン脱毛に比べてパワーの強い永久脱毛は痛みが強いといわれてきましたし、実際にその傾向はありますが、冷却装置を搭載するなど痛みを軽減するよう工夫された脱毛機も開発されています。
また、クリニックには麻酔も用意されているので、心配な人はカウンセリングの際に相談してみるのがおすすめです。

元通りにはできない

永久脱毛といっても、必ずしも完全に毛が生えてこなくなるとは限らないのはこれまでに説明した通りです。
しかし、基本的には一度脱毛してしまったらもう元には戻らないと思っておいた方が良いでしょう。
特に毛が太い部分は効果がしっかり出るので、再度生えてくる可能性はより少なくなります。

腕や脚のムダ毛がなくなって困ることなどない、と思う人もいるかもしれません。
しかし例えばVIOの場合はどうでしょうか。
海外ではハイジニーナといってVIOの毛を完全になくしてしまう人も多くいますが、日本ではあまり一般的ではありません。
温泉などで他の人に見られたら恥ずかしいと思う人もいるのではないでしょうか。
VIOの毛はある程度自然な形で残すといった選択も可能です。
このように、毛が元通りにならないということを前提にプランを立てるのは大切なことです。

費用が高い

サロン脱毛に比べてクリニックの永久脱毛は費用が高い、というのはよくいわれていることです。
確かにパック料金を単純に比較してみると永久脱毛の方が高額であることが多いですが、サロン脱毛に比べて通う回数が少なく期間が短いこと、また完了後に再び毛が生えてくる可能性もサロン脱毛と比較して格段に低いことなどから考えると、コストパフォーマンスは非常に高いといえます。
支払方法は一括払いやクレジットカード払い、医療ローンなど様々な選択肢があるので比較検討してみましょう。

お悩みQ&A

お悩みQ&A
最後に、永久脱毛についてよくある疑問にお答えします。

Q:施術は誰でも受けられますか?受けられない人はいますか?
A:日光に当たると発疹が出る日光過敏症の人、アトピーやケロイド・ニキビなどのある人は施術が受けられない場合があります。
アトピーの場合は、症状が軽いときなら受けられることもあるので医師に相談しましょう。
また、日焼けした肌や色黒肌は、レーザーに反応してやけどを起こす恐れがあるので施術できません。
生理中の人や妊娠中の人はホルモンバランスの関係で効果が出ないことがありおすすめできません。
また、VIO脱毛は衛生面の問題があるので生理中の場合施術をお断りしています。

Q:施術当日にやってはいけないことはありますか?
A:まず施術前に毛抜きやワックスなどで毛を抜かないようにしましょう。
毛根が残っていないと脱毛効果が発揮できなくなります。
施術後は飲酒や入浴、激しい運動などは控えましょう。
これらの行為は血流を促進するため、肌に赤みや腫れが出やすくなります。
お風呂はシャワーを軽く浴びる程度ならOKです。
脱毛した箇所はごしごし擦らず、優しく洗い流す程度にしておきましょう。
顔脱毛を行う場合、当日のメイクやクレンジングはNGです。

Q:当日の流れはどのようになっていますか?
A:初回脱毛の前には必ず無料カウンセリングを受けていただきます。
予約をしてからお越しください。
カウンセリングで詳しい説明を行い、医師による問診・診察を経て、納得がいけばご契約・お支払いをいただき施術となります。
施術後は炎症が出ないよう照射した箇所を冷却し、必要に応じ炎症止めの薬を塗ります。
お帰りの際に次回予約をしていただき、終了です。

永久脱毛で毛のお悩みとおさらばしよう!

永久脱毛で毛のお悩みとおさらばしよう!
永久脱毛の仕組みや特徴などについて理解していただけたでしょうか。
効果が高く比較的短期間で済むといったメリットがある一方、痛みが強く費用が高めといったデメリットもあり、両方をよく知って検討する必要があるのはいうまでもありません。
ただデメリットに関しては痛みの少ない新機種の登場などの改善点もあり、総合的に見れば永久脱毛はムダ毛の悩み解消におすすめの手段ということができるでしょう。