【大人気】ダーマペン4の効果を徹底解説!施術やダウンタイムの詳細も

抗加齢学会専門医/麻酔科認定医
コッツフォード良枝:監修

公開日:2021/04/25 更新日:2020/12/03

美容サロンにおいて美肌再生治療として人気施術の1つとして、ダーマペン4という施術が知られています。
ダーマペン4は副作用も少なく、美肌やエイジングケアに対する効果が高いことから多くの人に支持されている施術です。
この記事では、そんな人気のダーマペン4の効果や施術の流れ、ダウンタイムなどを徹底的に解説します。

ダーマペン4とは?

ダーマペン4とは?
肌のエイジングの原因は、肌の新陳代謝が低下することが原因です。
年齢を重ねれば重ねるほど肌の細胞は新陳代謝が鈍くなるため、皮膚の再生は遅くなり、老廃物の排出が低下するためにくすみやシミなどの色素沈着が起こりやすくなります。
こうして色素沈着が起こると、肌が暗くくすんだ印象になってしまい、多くの女性にとって悩みのタネとなってしまいます。
ダーマペンとは、この加齢と共に低下してしまった肌の新陳代謝を、人為的に若い時のものに近づけていく施術です。
ヒトの身体に備わった再生力を利用して健康的に美肌を実現する、という点で特徴的な施術です。

ダーマペンとは、髪の毛よりも細い極細の針で肌に微細な穴を開けることで肌の再生を図る治療法です。
肌に傷がつくことで、その傷を治そうとした肌は再生機能を活性化させ、皮膚の下にある真皮でコラーゲンなどが作り出されるなど、新陳代謝が活発になります。
コラーゲンなどの真皮の構造物は肌を支える機能も持つため、新しい肌はよりコラーゲンにしっかりと支えられるのでハリやつやが感じられます。
さらに新陳代謝の活性化によって肌の老廃物の排出を促進させることで、色素沈着やにきび跡、毛穴の開きなども改善することができます。
レーザー光を用いない施術であるため、熱ダメージを肌が受けることは無く、レーザー施術につきものの日焼けっぽくなるという副作用を抑えられることも肌に優しく、人気の秘訣です。

このように注射によってボリュームを増やす方法は昔から注目されていていました。
皮膚に注入する物質のことを一般的に皮膚充填剤や注入剤、フィラーと呼びますが、ヒアルロン酸以外にもコラーゲンのように肌の成分としてよく知られているものも皮膚充填剤として使われています。
また、合成注入剤として知られるハイドロキシアパタイトなど、他にもいくつか使用できる皮膚充填剤がありますが、ヒアルロン酸は世界で最もよく用いられている注入剤です。
1996年にヨーロッパで最初のヒアルロン酸注入剤が承認されてから各国で使われるようになり、利用者も多いことから安全性についての知見も十分にあります。
結果として今ではヒアルロン酸注射が安全にできる標準的な施術として多くのクリニックに取り入れられています。

ダーマペン4の効果

ダーマペン4の効果
ダーマペン4で肌の新陳代謝を活性化することによって、肌が得られる効果は皮膚のクリアな印象の獲得と、真皮組織の活性化による肌のハリ回復に2分することが出来ます。
皮膚の新陳代謝が活性化することによって、メラニン色素などの老廃物を含んだ古い角質をスムーズに捨てられるようになり、くすみやニキビ跡、妊娠線などの色素沈着の程度を改善させることが出来るのです。
クレーターのようになってしまった皮疹の跡や、肌荒れしたコンディションの悪い部分も、新陳代謝が活発になることで気になるクレーターや肌荒れ、毛穴の開きを改善させることが出来るでしょう。
施術後の肌にはハリつやが出るため、肌の印象がずっと明るくなります。

また、真皮の組織を活性化させることによって、肌を支えるコラーゲンなどのタンパク質を活発に作られるように促すことが出来ます。
より肌をしっかりと押し上げることが出来るようになるため、肌にハリを感じられるようになるだけでなく、シワを目立たなくしたり肌のリフトアップ効果も得られるのです。
ほうれい線が目立たなくなるなど、エイジングとともに気になる目立ったシワに対する効果も期待できる施術がダーマペン4なのです。
シワの気になる部分に対してピンポイントに施術を行うことも可能で、的確な効果が得られます。

エイジングケア以外にもダーマペンはにきびの原因であるアクネ菌などにアプローチすることが出来るため、繰り返すニキビに対しても改善効果が得られます。
エイジングケアだけではない幅広い効用があるため、肌トラブルに悩む多くの人におすすめできる施術であり、確実に効果を実感したい人でも安心できる的確な効果の得られる施術でもあります。
ヒトの身体に備わった自然治癒力を用いて行う治療であり、施術後に日常生活を違和感なく送るまでにかかる時間であるダウンタイムも短くて済む、という点も魅力のひとつです。

効果が出るメカニズムについて

効果が出るメカニズムについて
先述したように、軽度な傷を皮膚表面につけることでそれを治そうとする体の仕組みを利用した再生医療のひとつとして、ダーマペン4は知られています。
ダーマペン4でつけた傷を治癒する過程で、損傷した皮膚や真皮の細胞からは成長因子、というホルモンが分泌されます。
この成長因子は真皮の細胞を活性化させコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る手助けをしてくれるだけでなく、血管にも作用して傷ついた肌に毛細血管を伸ばして血行を良くする手助けをします。
皮膚に毛細血管が発達することで、新鮮な血液によって皮膚や真皮の細胞に栄養や酸素が供給されるようになり、さらに新陳代謝の活性化が起こるのです。

これらの皮膚を再生する仕組みを誘導し、肌の新陳代謝を活性化させるのがダーマペン4の効果です。
ダーマペン4の魅力は、顔などのエイジングケアをしたい部分へと、ダイレクトに作用できることです。
気になる部分のみに施術して肌の状態を改善させ、肌の印象を改善させることが出来る施術であるダーマペンの中でも、ダーマペン4は最新の医療機器であることが知られています。
肌や施術を受けたヒトの身体に過度な負担をかけずに出来るエイジングケア施術として大変人気です。

施術の流れ

施術の流れ
ダーマペン4の施術を受けるためにはまず、カウンセリングを受けることになります。
肌のどのようなトラブルで悩んでいるのか、どのような肌質なのか、これまでどのような肌のケアを行ってきたのか、という基本的な情報をヒアリングするのです。
施術では麻酔などの薬剤を使用しますので、アレルギー歴なども問診されます。
安全に施術を行うために必要なプロセスなので、正直に答えましょう。
このカウンセリングによって、施術する部位や範囲を決定して、施術にかかる金額を見積もります。
会計を済ませたら、実際の施術へと移ることになります。

まず、洗顔などで施術を受ける部位を綺麗にします。
ダーマペン4では微細な傷をつけることになるため、肌のバリア機能が一時的に弱まり、感染しやすくなったり過敏傾向になるため、あらかじめしっかり洗顔をすることは非常に重要です。
肌を綺麗にしたら、施術部位に麻酔を作用させます。
テープやクリームに麻酔が配合されたものを肌に作用させますが、皮膚のみに作用するものであり意識を奪うような麻酔ではありません。
あくまで肌表面を傷つける痛みを緩和するためだけのものです。

麻酔が済んだら、施術を行います。
ダーマペン4で使用される器具で皮膚に微細な傷をつけます。
施術が終わると、皮膚は乾燥に弱い状態になっているためパックをして保湿も行います。
皮膚は微細な傷がついてヒリヒリと熱を持った状態になるため、クーリングといって冷やして肌の熱を取る施術を行い、肌の火照りが落ち着くのを待つのです。
施術後の肌はデリケートであり、しばらくは日常生活を送るにも様々な注意点が伴うため、諸注意を医師から受けることになります。
その説明を聞いたら、ダーマペン4の施術は全て終了です。
施術後も医師の注意を守って、肌のケアをしながらダウンタイムを過ごしましょう。

ダウンタイム・注意点

ダウンタイム・注意点
ダウンタイムは施術による影響を感じないで日常生活を送れるようになるまでの時間であり、施術によってダウンタイムの長さも様々です。
ダーマペン4は様々な美容施術の中でもダウンタイムの長さは短い施術であり、数日から2週間ほどで日常生活を施術の影響なく過ごせるようになります。
ダウンタイム期間中に感じる副作用も軽微なものが多く、細かい内出血や肌の赤みなどがダーマペン4の副作用として頻度の高いものですが、それらも数日で落ち着くことが多いです。

ただし、このダウンタイムの長さは同じダーマペン4施術を受けたヒトでも個人差が大きいことが知られています。
施術前、施術中に疑問や痛みを感じたとき、異変や不安を感じたときにはすぐにご相談ください。
傷が治りにくい人は跡が残ることがあることにも注意が必要です。
ダウンタイム中は施術部位の状態に気を配って、適切なケアをしながら過ごしましょう。
どのような施術後の変化が予想されるか、それが現れたときにはどうすればいいのかは予めクリニックで説明します。

そもそも、体質によってはダウンタイム中に肌に重篤な変化を来たす可能性があるため、ダーマペン4施術を受けられないこともあります。
瘢痕組織であるケロイドが出来やすい体質の方や皮膚炎がある方は、施術を受けることによって肌の状態が悪化してしまう可能性があるために、施術を受けることを避けたほうがいいでしょう。
感染を起こしやすいため重症の糖尿病を抱えている方や膠原病の方もダーマペン4施術は避けたほうが無難です。
また、ダーマペン4施術の機器は金属製ですので、金属アレルギーの人は施術を受けることは控えるべきです。
これらはカウンセリングでチェックされる項目でもあります。

アフターケアの方法

アフターケアの方法
ダーマペン4施術を受けた後の肌は微細な傷がたくさんついた状態であり、とてもデリケートな状態です。
乾燥や外的な刺激に対して脆弱であり、荒れやすい状態にあると言えます。
そんなデリケートな肌をどのようにケアをしていけばいいのか、という施術後のアフターケアについて紹介します。

施術当日

ダーマペン4施術を受けた肌はデリケートな状態ですので、外的な刺激に晒すのは避けるべきです。
施術を受けた部位は施術後10~12時間は洗顔は避けたほうが良く、水に濡らすのも控えたほうがいいでしょう。
防腐剤などの化粧品に含まれる添加物が肌に対する刺激になってしまうため、それらが入った基礎化粧品の使用は控えるべきです。
どうしても日焼け止めや化粧品を使用したいのであれば、クリニックで販売されている無添加のものを購入して使用しましょう。

施術後、10~12時間が経過していれば、施術を受けた部位を濡らすことは可能ですので、清潔に保つようにしましょう。
シャワーは当日から可能であり、施術を受けた部位は優しく洗ってあげましょう。
また、施術を受けた部位は皮膚が受けたダメージのために乾燥しやすい状態になってもいるため、洗顔後はしっかり保湿することも重要です。
保湿することによって、肌の細胞の環境を整えることが出来て、血行の改善や肌の新陳代謝を促すことが出来ます。

翌日以降

施術を受けた部位はデリケートな状態であり、摩擦などの外力に非常に弱い状態ですので、マッサージは施術後1週間は控えましょう。
また、過度に血行を良くする行動を取ることによって、施術を受けた部位の赤みが引きにくくなるなどの影響が生じる可能性があります。
当日はもちろんですが、スポーツやヨガ、サウナや飲酒などの血行が良くなるような行為は炎症が完全に引いてからにしましょう。
プールの殺菌のために用いられる塩素は肌への刺激が特に強いので、施術後はしばらくプールに入ることは厳禁です。

よくある質問集

よくある質問集
よくある質問として、従来のダーマペンとの違いについての疑問が投げかけられることが多いです。
ダーマペン4は、従来のダーマペン機器から針の振動が進化していることが特徴です。
振動の程度が細かく調整できることで、肌に施術を行う際にも細かい調節が可能になります。
また、自宅用セルフダーマペンとの違いとして、出力が低い家庭用のものよりもダーマペン4は出力が高いため、肌本来が持つ治癒力を最大限利用しきり肌の新陳代謝を最大限活性化させることが出来ます。
つまり、肌の状態を改善させる効果は家庭用のものよりも高い、と言えるのです。

ピーリングとの違いについても疑問に思うのではないでしょうか。
ピーリングは薬品を作用させて皮膚表面に働きかけてくすみの原因となる色素沈着した皮膚やクレーター状になっている部分の肌をクリアする施術です。
ピーリングでは肌表面の状態を改善させることに主眼が置かれていますが、ダーマペン4施術は皮膚表面だけでなく皮下組織に至るまで肌そのものを広く再生させ、状態を改善させる効果が期待できる施術だと言えます。

真皮に至る微細な傷をつける施術ですので、痛みの有無についても不安に思う方は少なくありません。
施術中、実際に肌に傷をつけるときには皮膚表面にかけた麻酔のために痛みを感じることは少ないのですが、麻酔が覚めた後にまれにヒリヒリ感を感じることがあります。
どうしてもこのヒリヒリ感やジンジンする痛みを自覚してしまうのであれば、すぐにご相談ください。
その痛みの程度や皮膚の状態によっては、痛み止めを処方して貰うこともあります。

ダーマペン4で肌悩みゼロへ!

ダーマペン4で肌悩みゼロへ!
この記事では、ダーマペン4の効果や施術について紹介しました。
施術を受けた際に気になる副作用も少なく、エイジングケアや肌質改善などの様々な効果が期待できる施術であるため、多くの人から人気の施術です。
この記事を参考にダーマペン4施術を魅力的に感じたのであれば、ぜひ施術を受けてみることを検討してみてください。