ボトックス注射とは?解決できる体の悩みは?

抗加齢学会専門医/麻酔科認定医
コッツフォード良枝:監修

公開日:2019/09/07 更新日:2021/03/05

年齢とともに出てくる顔のしわやえらの張り。
女性であれば誰しも気になる悩みです。
顔のしわやえらの張りが出てくるとどうしても顔つきに年齢を感じてしまいますよね。
そして、そんな顔のしわやえらの張りを改善すれば、いつまでも若々しさを保つことができるようになると思いませんか?今回は、年齢を感じさせる顔のしわを改善できるボトックス注射についてご紹介していきたいと思います。
ボトックス注射は現在女性の間で一般的になってきている美容方法で、多くの人がこのボトックス注射によって若返りを果たしています。
今回はボトックス注射の美容効果や仕組み、施術の方法や料金まで紹介していきます。

ボトックス注射とは?

ボトックス注射の仕組み

年齢はもちろん年齢に関係なくできるしわは一体何が原因なのでしょうか?実は、しわができるのは皮膚の中にあるアセチルコリンという神経伝達物質が過剰に分泌されているからなのです。
また、えらが張る原因としては顎の筋肉である「咬筋」という筋肉が発達しすぎていることにあります。
毎日毎日使われている咬筋は、人によっては発達しすぎて張ってしまうこともあるのですね。
ボトックスを皮膚の中にある神経に打ち込むことでアセチルコリンが過剰にでるのを防ぐことでしわを改善します。
えらの張りは注射を打ち込むことで咬筋を収縮させ、咬筋自体の大きさを小さくさせることができます。

もともとは顔面麻痺などの治療に使われていた方法でした。
この技術を美容目的に用いたものがボトックス注射です。
ダウンタイムはほとんどなく当日または翌日から入浴やメイク可能、効果は約4~8ヶ月持続します。

ボトックス注射と並んで耳にすることの多いヒアルロン酸注射との違いは、肌への働きかけ方が異なります。
ボトックス注射が筋肉の働きを抑制するのに対し、ヒアルロン酸注射は保水力のある成分を皮膚に注入して下から持ち上げます。
どちらが優れているというわけではなく得意とする作用が違い、併用することでより自然な若返りをデザインすることも可能ですのでカウンセリングで相談して選ぶのがベストです。

期待できる美容効果

しわや小じわの解消

ボトックス注射をすることで顔の筋肉を抑制させ、動きにくくすることで皮膚の寄り合いをなだらかにし、しわや小じわを解消します。
額、眉間、目尻、ほうれい線など気になる部分に施術でき、筋肉の動きが止まるので持続している間は表情じわが刻まれるのを防いでくれます。
また、若いうちからボトックス注射を定期的に打つことで将来的なしわの予防となります。

小顔効果

筋肉が発達して大きなってしまったえらの場合、咬筋に注射することで筋肉を衰えさせ、角ばった輪郭をほっそりと美しく整えることができます。

たるみのリフトアップ

少量のボトックスを皮膚の浅いところに注射し、筋肉の表面繊維のみ働きを抑制することによってたるみを解消します。
首から顎にかけてのライン、目の下のたるみなどを目立たなくすることができます。

ふくらはぎの部分痩せ

足の筋肉が発達しすぎると太く見えてしまいます。
ふくらはぎに注射することで筋肉を退縮させ、衰えさせます。
発達した筋肉を衰えさせることによって部分痩せ効果があります。

わきが、多汗症の改善

筋肉を動かすと分泌されるアセチルコンは交感神経にも働きかけるので多汗の原因にもなります。
脇に注射をし、汗を出すエクリン汗腺の動きをボトックスで抑制することができます。
汗の分泌が抑えられますので多汗症の治療が可能です。

眉や口元のパーツ形成

筋肉の働きを調整することで、理想どおりの魅力的なパーツに整えることができます。
眉の位置をあげる、目を大きく見せる、いつも印象よく口角をあげる、笑うと歯茎が出てしまうガミースマイルの改善などの調整ができます。

治療の流れ

ボトックス注射は1箇所5~15分程度の短時間で終わる施術なので、仕事帰りなど気軽に寄ることができます。
病院によって若干の差がありますが、基本的な流れは以下のとおり。
メイク落としやタオル、ヘアクリップなど必要なものは用意されているので自分で持参する必要はありません。
2回目以降は問診などを省略してより早く施術可能です。

・受付、問診票の記入→洗顔&メイク落とし→担当医によるカウンセリングでなりたい顔や悩みなどを詳しく相談→カルテ用の写真撮影→麻酔、クーリングしながら注入→スキンケア、メイク→支払いをして終了
ほとんどの病院で麻酔クリームや麻酔シートなど痛みをやわらげる処置が可能なので、心配な方はカウンセリングの際に担当に確認しておきましょう。
ボトックス注射はアメリカの米国許可と日本の厚生労働省許可をもらっている安全性の高い薬品を使用した副作用の少ない施術ですが、人によっては皮下出血を伴う赤みや腫れの炎症反応が起こる場合があります。
通常1週間以内に引いていきますので、結婚式や大事なイベントを控えている方は念のため期間の余裕を持って施術を受けることをおすすめします。

美容外科や美容皮膚科での治療の注意点

安全性が高いといっても、施術を受けられない方もいるので注意が必要です。

・過去にボトックス注射で薬品アレルギーが出たことのある方
・注入部位に炎症やできものがある方
・妊娠中、授乳中、また妊娠を希望されている方
・神経・筋接合部異常疾患をお持ちの方
・その他疾患をお持ちの方
疾患などがあり心配な方は、自分が安全に施術を受けられるかどうかカウンセリングで担当医によく相談するようにしましょう。
また当日の激しい運動やサウナで血流を良くすること、飲酒なども内出血のリスクを増大する可能性があるので控えたほうが無難です。
顔のマッサージやエステも施術後2週間は期間を空けましょう。

ボトックス注射の活用方法

若いうちから定期的に打つことで将来的な表情じわの予防に!

表情が豊かな女性は素敵ですが、顔を動かすことでしわは年齢とともに深く刻まれていく危険があります。
ですがボトックス注射で筋肉の動きが抑制されている間は表情じわが刻まれるのを防いでくれるため、若いうちから定期的に打つことで将来的な表情じわの予防になります。
注入することで皮膚細胞が活性化しお肌に張りが出てきますので、定期的な注射は美肌を保つ効果もあります。

ヒアルロン酸注射との組み合わせでしわのタイプに合わせて使い分ける!

肌への働きかけ方が異なるボトックス注射とヒアルロン酸注射は、使い分けることでより顔全体を立体的にデザインし、より自然でさりげなく若返るよう調整することが可能です。

たとえば目尻のしわをボトックス注射で解消すると、筋肉がゆるんだ作用で眼袋が目立ってしまうことがあります。
ですがくぼみにヒアルロン酸注射をして表面をなだらかにすることで目尻のしわと目袋のくぼみを同時に解消することができるのです。
ボトックス注射は発達した筋肉の抑制、ヒアルロン酸注射は皮膚のボリュームアップとどちらの施術も得意とする箇所が異なりますので、使い分けることで相乗効果を得られ、総合的な若返りを目指すことができます。

リスクや副作用

いかに安全性が高くても美容整形の施術にリスクや副作用はつきもの。
事前にきちんと知っておくことで万が一のことがあっても慌てず対処できるよう知識を持っておきましょう。
また、アフターケアのしっかりとした病院選びも大切です。

顔のしわへの注射

痛みが少ないとはいっても、注射なので人によっては強く痛む場合もあります。
心配であれば病院が麻酔に対応しているか確認しておきましょう。
ほとんどの病院では無料で麻酔クリームや麻酔シートでの処置がついています。
また、まれに内出血などの赤みや腫れが出たり、一時的に表情が不自然になったりすることがあります。
これらは時間の経過で改善しますが、顔など目立つ箇所に注射をするときは大事なイベントの直前は避けたほうが安全です。

効果には個人差がありますので、ボトックス注射をしても変化をほとんど感じられなかったという人もいます。
注入する量や深さを個人に合わせることで解決する場合もあるので、経験のある医師が所属している病院を調べておきましょう。

脇への注射

多汗症などの治療で脇に注射をした場合、ごくまれに腕が上がりにくくなることがあります。
アフターケアが万全な病院を選び、症状が出たときは担当医に相談してください。
また、注射部位に内出血が起こることがあります。

顔のえらへの注射

発達した顔のえらを注射で小さくした場合、ごくまれに食事のとき噛むことで疲労感が起こることがあります。
また、注射部位に内出血が起こることがあります。

ふくらはぎへの注射

ふくらはぎの筋肉を注射で小さくした場合、ごくまれにつま先立ちがしにくくなることがあります。
また、注射部位に内出血が起こることがあります。
こちらの症状が出たときも担当に相談しましょう。

ボトックス注射にかかる料金相場

ボトックス注射にかかる費用は病院によって幅広く、注入する部位や薬品の品質によっても変わってきます。
麻酔クリームなど痛みケアが含まれていると割高になる場合もあります。
ですので、ここでは一般的な料金相場を部位ごとにご紹介します。

顔のしわへの注射

・額:35,000~60,000円
・眉間:20,000~40,000円
・鼻のつけ根:20,000~503,000円
・目尻:20,000~35,000円
・口元:20,000~50,000円

脇への注射

・わき汗:70,000~120,000円

顔のえらへの注射

・顔のえら:50,000~100,000円

ふくらはぎへの注射

・ふくらはぎ部分痩せ:130,000~170,000円

まとめ

今回は、ボトックス注射についてその仕組みや治療法、価格、危険性などを紹介していきました。
初めて挑戦するときは不安もありますが、事前に下調べをして担当医とのカウンセリングをしっかり行っていれば怖いものではありません。
ボトックス注射は手術が必要な美容整形よりもずっと手軽で、美容に取り入れやすい女性の味方です。
顔のしわやえらの悩みを解消し、現在と将来の美を保つため、今回の記事も参考にしてボトックス注射が気になる方はまずはご相談ください。