発毛剤と育毛剤の違い|効果や目的の違いについて徹底比較

 

薄毛の悩みを持っている方にとって、「発毛剤と育毛剤のどっちを使ったら良いのだろう」「発毛剤と育毛剤は何が違うのだろう」と疑問に持たれる方は多いです。

また、多くの方が発毛剤と育毛剤は薄毛改善として用いられるお薬だと思っていますが、実際のところ両者の効果や使用の目的が異なります。

そのため、正しい目的を知って使用しないと何も効果を実感できない可能性が高いのです。

この記事では、発毛剤と育毛剤の違いについて詳しく解説していきます。
今現在の症状や目的に合わせて選択することがベストですので、ご自身の髪や頭皮の状態を確認しながらお読みください。

発毛剤と育毛剤は効果や目的が異なる

発毛剤と育毛剤は同じ薄毛治療に用いる商品として混同されやすいですが、両者のお薬を使って得られる効果や使用の目的は異なります。

薄毛の進行状況を踏まえて、どのような効果を得たいかで選択するものが変わるため、選択前に今の髪の状態と使用目的を明確にしておくことが大切です。下記の診断でご自身の現状を確認していきましょう。

発毛剤と育毛剤、今あなたはどちらを選択すべきか答えが出たでしょうか?
ここからは発毛剤と育毛剤の効果や特徴について、2つを比較しながらお話していきます。

発毛剤と育毛剤の効果の違い

発毛剤と育毛剤は含まれる成分が異なるため、期待できる効果に違いがあります。ここでは発毛剤と育毛剤の効果について詳しくお話していきます。

発毛剤はヘアサイクルを元に戻し新たな髪を生やす効果がある

発毛剤は新しい髪を生やす効果が認められている医薬品であり、薄毛の改善ができるお薬としてAGA治療にも用いられます。

より高い効果を得るためにはAGA治療専門のクリニックで処方してもらった発毛剤を使用することをおすすめしたいですが、外用薬の発毛剤は第1類医薬品として市販されており、育毛剤と共にドラックストアなどで手軽に購入できるのも魅力の1つでしょう。

ヘアサイクルが乱れると、髪の成長期間は短くなり、十分に育たないまま髪が抜けていってしまいます。

発毛剤に含まれる有効成分「ミノキシジル」は、乱れたヘアサイクルを正常なヘアサイクルに戻す作用があり、発毛剤を使用することによって短くなってしまっていた成長期は元に戻って新しい髪の毛が生えてきます。

【ミノキシジルについて詳しく知りたい方はコチラ】

育毛剤は頭皮環境を整え、今ある髪を育てる効果がある

育毛剤には、抜け毛の原因となる頭皮環境を整える効果があります。

ストレスや生活習慣などの様々な理由で頭皮環境は悪化、フケや湿疹などを引き起こして最終的に抜け毛に陥ってしまいますが、育毛剤を使用することによって頭皮環境を正常に保ち、抜け毛や薄毛を未然に防ぐことができるのです。

また、育毛剤には、髪の毛の成長に深く関わる「毛母細胞」を活性化させる成分が配合されており、毛母細胞が活動的になると細胞分裂が繰り返され、髪の毛が太く丈夫に成長しハリやコシが出てきます。

加えて、育毛剤に配合されていることの多い酢酸DL-a-トコフェロールやセンブリエキスなどの成分は血行促進効果があり、血流を良くして髪の毛1本1本にしっかり栄養が行き渡らせて強く元気に育ててくれます。

【育毛剤について詳しく知りたい方はコチラ】


発毛剤と育毛剤を選ぶ2つの基準

発毛剤と育毛剤のどちらを選ぶかの基準は薄毛の進行具合によって異なります。
よく育毛剤を薄毛改善の目的で使っている方がいますが、育毛剤だけでは髪は生えてきません。頭皮環境を整え、今ある髪を育てることも大切ですが、抜け毛を止めて新しい髪を生やす対策を取らなければ、薄毛が改善されることはないのです。

ここでは、発毛剤と育毛剤がどのような人におすすめの薬なのかをお話していきます。

発毛剤は既に薄毛が進んでいる方におすすめ

発毛剤は既に薄毛が進行している方におすすめの薬です。
予防目的から使っても構いませんが、新たな髪を生やすことを目的としているので、特にM字やO字といった目に見えた薄毛の症状が出ている方は発毛剤を選択しましょう。

発毛剤に含まれるミノキシジルは、ドラックストアなどで売られている発毛剤よりもAGA治療クリニック、薄毛が診療科目にあるクリニック等で購入するものの方が濃度は高く、薄毛改善の効果をより発揮します。

また、クリニックで発毛剤を処方してもらうのにはメリットがあるのはご存じでしょうか?
ミノキシジル配合の発毛剤には内服薬もあり、内服薬は市販されておりません。外用薬よりも内服薬の方がより薄毛改善の効果が強いとされているため、薄毛の進行がかなり気になる方は内服薬の検討もすると良いでしょう。

加えて、市販薬で副作用が起きた場合にすぐに医師に相談することは難しいので、クリニックで処方してもらった方が問題のリスクを大幅に下げることが可能です。

育毛剤は予防・初期段階の薄毛の人におすすめ

育毛剤は、常に髪が元気に生えてくるように頭皮環境を整えることが可能です。加えて今生えている髪のハリやコシを保ち、髪質が細くもろくなってしまわないように髪を育てます。

そのため、育毛剤は抜け毛・薄毛の予防に最適だということがわかります。将来的にハゲたくない方は予防として早めにヘアケアの一部として日常的に取り入れていくのが良いでしょう。

また、年齢を重ねて少し髪質が変化してきたと感じる方にもおすすめです。
見た目で薄毛になったことがわかるような薄毛ではなく、抜け毛量が少し多くなったり、髪の細さ・ボリュームの変化などのご自身の中で感じる変化が起きたりした時、早めに育毛剤を使用することで頭皮環境を整え、薄毛を塞き止められる可能性が高いです。

さいごに

発毛剤と育毛剤の違いについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?
どちらも薄毛に関するお薬ですが、「薄毛予防」と「薄毛改善」では目的が全く異なります。

勘違いしたまま使い続けて薄毛を加速させてしまわないように、正しい知識を持ってご自身に合った商品を選択できるようにしていきましょう!

関連記事