AGA治療薬として推奨度高!フィナステリドの効果を徹底紹介!

 

AGA治療薬の「フィナステリド」ですが、薄毛にはどれくらい効果があるのでしょうか?
様々あるAGA治療薬の中で、フィナステリドは抜け毛を抑制することのできる薬として処方されています。

抜け毛抑制薬の中でも「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、推奨度が最も高いAランクに指定されており、効果は医学的に証明されていると言えるでしょう。

この記事では、フィナステリドを使用した医学的な試験結果を踏まえ、その効果について詳しくお話ししていきます。また、実際にフィナステリドを服用していきたいと思った時の購入方法と注意点についてもまとめておりますので、ぜひ参考にしてください。

抜け毛を抑制する!フィナステリドの効果

AGA治療薬として知られる「フィナステリド」の効果はどのようなものなのでしょうか?
ここでは、フィナステリドが抜け毛を抑制する仕組みを踏まえて、医学的根拠に基づいて証明されている文献を引用しながら、フィナステリドが薄毛にどのように効果があるのかを詳しく解説していきます。

 

フィナステリドは薄毛の原因物質を阻害する効果がある

フィナステリドは、薄毛を引き起こす原因物質となる「5αリダクターゼ」の働きを阻害する効果があります。
人間の体内に存在する還元酵素「5αリダクターゼ」は、代表的な男性ホルモンであるテストステロンを薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換させる働きがあります。
その後、DHTは髪の毛根にある男性ホルモンレセプターと結合することで抜け毛を増やす脱毛因子(TGF-β)を生成し、脱毛因子の働きによってヘアサイクルが乱れることで薄毛を進行させてしまいます。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。Ⅱ型リダクターゼはⅠ型リダクターゼに比べてさらに強力な男性ホルモンを生成すると言われており、フィナステリドは主にこのⅡ型リダクターゼの活動を阻害します。フィナステリドを服用することで悪玉男性ホルモンであるDHTの生成を妨げ、これ以上の脱毛を抑制できるという仕組みです。

 

ガイドラインでの推奨度は最も高いAランク

「日本皮膚科学会男性型脱毛症診療ガイドライン」は、皮膚科医の立場から科学的根拠に基づいた情報を選び、医師と患者の双方にとって標準的治療法を提示することで、男性型脱毛症診療水準を向上するという目的を持って策定されたものです。日本皮膚科学会と毛髪科学研究会の共同事業として発足し、2010年に発表されたガイドラインを新しい治療薬や治療手段が登場したことによって改定されたのが「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」です。

2017年版では、薬剤を推奨度順に5段階(A、B、C1、C2、D)に分類しており、より薬剤の使用を分かりやすく証明しています。

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」において、フィナステリドの推奨度は【AGA(男性型脱毛症):Aランク】【FAGA(女性男性型脱毛症):Dランク】と定められています。
ガイドラインにおいて、複数のフィナステリド内服薬に関する試験が実施されており、男性は最も推奨度の高いAランクに分類されていますが、一方で女性はDランクと推奨されておらず、服用時はもちろん、成分は皮膚からも吸収されるため触れるだけでも注意が必要とされています。

ガイドラインの実証実験から、フィナステリドの効果は以下の点が証明されています。

・フィナステリドを使用した方が使用しないよりも多く毛が生えていた
・性機能障害の発症危険度が高まる
・長期にわたって使用した方が多く発毛が見られた
・QOLも改善することができた

副作用として性機能障害を発症する危険度が高まる可能性はあるものの、発毛効果に関する高い水準の根拠を元にフィナステリドの服用は強く勧められていました。
また、長期にわたって使用するほど多く発毛が見られたとされており、少なくとも6ヶ月程度は内服を継続して効果を確認すべきと記載があります。内服を中止すると効果は消失してしまうため、発毛と薄毛改善維持には内服を継続する必要があると言えるでしょう。

※参考:「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

 

複数の論文で証明されているフィナステリドの効果

フィナステリドの効果については、ガイドラインの他にも様々な論文によって効果が証明されています。

 

(1)AGAを発症する日本人男性への5年間のフィナステリド投与試験

男性型脱毛症の日本人男性にフィナステリド(1mg/day)を投与した903例が対象、治療開始から5年間の継続による治療評価がある801例を対象とした試験です。同じ日本人を対象に行われた試験なので、かなり効果が期待できる根拠と言えるでしょう。

有効性解析集団全体で、フィナステリド投与前と比較して5年間にわたってMGPAscoreの有意な上昇が認められた(p<0.001)。5年後の有効率は進行抑制効果も含めると100%で、“軽度”以上の改善率は99.4%であった。

引用:日本人の男性型脱毛症に対するフィナステリド長期投与の801例調査

この試験の結果として、フィナステリドを投与することで5年にわたって症状は優位に改善していき、軽度以上の改善率99.4%という結果が出ています。また、継続による改善度に関しては、投与開始1年後が最も改善度が高く、4年後以降はほぼ平衡状態になる傾向があるとわかりました。

ただし、治療開始が40歳以上で初診時ストレス環境なし、N-H分類IV型(※1)以上の進行度では臨床効果が減弱するという結果も出ており、この結果から「AGAの進行度」「年齢」共に低いうちに治療を開始した方がより薄毛の改善効果が実感できるということがわかりました。

(※1)ハミルトンノーウッドの分類

 

(2)脱毛の進行遅延や頭頂部・前頭部における頭髪の持続的な改善が見られた試験

頭頂部に軽度から中等度程度の脱毛を有する20歳~50歳のAGA男性患者414例を対象に、フィナステリド0.2mg、1mg及びプラセボをそれぞれ1日1回投与する48週間の試験結果です。

非臨床試験成績より、フィナステリドは選択的ヒト由来5αR2阻害作用を示した。また、本邦で実施した男性におけるAGAを対象とした臨床試験の結果から、フィナステリド0.2mgおよび1mgはプラセボと比べて有意に脱毛の進行を遅延、さらに良好な忍容性を示した。

外国で実施された男性におけるAGAを対象とした臨床試験において、フィナステリド1mgは5年間にわたり高い忍容性を示し、頭髪の持続的な改善および脱毛の進行遅延効果を示し、さらに、前頭部の脱毛における有効性およびヘアサイクルの改善を示した。

※引用:男性における男性型脱毛症用薬5α – 還元酵素 II 型阻害薬フィナステリド(プロペシア ® 錠0.2 mg・1 mg)の薬理学的特性と臨床効果

試験の結果から、フィナステリドは脱毛の進行を遅延させ、良好な忍容性を示すことがわかりました。また、薄毛の改善範囲は頭頂部だけでなく、前頭部(M字)の脱毛にも有効であるとされました。さらに、臨床的有効性や長期投与時の安全性も高いことがわかっています。

 
 

他のAGA治療薬との違い

AGA治療において推奨度の高いフィナステリドですが、他の治療薬とはどのような違いがあるのでしょうか?

AGA治療薬は、抜け毛を抑制する「守りタイプ」と発毛を促進する「攻めタイプ」の2種類に分かれます。
ここでは、フィナステリドと同じ守りタイプのデュタステリド内服薬、攻めタイプのミノキシジル内服薬・外用薬をご紹介します。

フィナステリド、デュタステリドは【抜け毛抑制】の働きを持つお薬です。
フィナステリドとデュタステリドは、共に「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」において最も高い推奨度Aを獲得しており、長期服用においても高い安全性があると言えるでしょう。

デュタステリドはⅡ型に加えてⅠ型も阻害するとされていますが、ガイドラインにおいては「全毛髪数と毛直径の増加についてはデュタステリドの方が優れた効果を示したが、直径60μm以上の硬毛数では両者間に有意な差がなかった」というデータがあるため、フィナステリドと比較しても効果の違いにそこまで大きな差はないと言えそうです。

【注意点】
同種の薬は一緒に服用できないので、効果を倍増させるためにフィナステリドとデュタステリドを同時に服用することは決して行わないようにしてください。また、副作用はフィナステリドとデュタステリドで同じ症状を引き起こすものが多いですが、デュタステリドの方が同等、もしくはやや強い反応があるとも言われています。

ミノキシジルに関しては、フィナステリドの作用と異なり毛母細胞に働きかける発毛促進薬なので、抜け毛を抑制しながら発毛を促したい場合には、フィナステリドとミノキシジルを並行して使用することで更に高い効果が期待できるでしょう。

 
 

フィナステリドの購入方法と注意点

フィナステリドの購入には、「AGA治療」や「薄毛治療」を診療科目として取り扱うクリニックの受診が必要です。薄毛治療専門のクリニックもあれば、皮膚科や美容皮膚科などが診療科目として薄毛治療を設けている場合もあります。

AGA治療は、AGAの症状自体が身体に健康被害を及ぼすものではないと考えられているため、保険が適用されません。AGAの症状とは、髪や頭皮の健康が損なわれることで脱毛が起きる状態を指しますが、放っておいても命に関わる病気ではないため、美容整形やレーシック手術、ワキガ治療などと同じ分類で扱われています。

クリニックによっても使用する治療薬は異なるため、フィナステリドを購入したい場合は、事前にフィナステリドを扱っているクリニックかどうか確認する必要があります。
最近では、店舗まで足を運ぶ必要のないオンライン型のAGA治療クリニックも増えてきており、全国どこにいても気軽に購入ができるようになりました。フィナステリドの購入を検討されている方は、事前に取り扱いの有無を確認したうえで、無料のカウンセリングなどを受けてフィナステリドが自分に合っているか医師に相談してから購入することをおすすめします。

 

【注意】コストを抑えられるが個人輸入などは危険!

より安くAGA治療薬を入手する方法として、海外からの個人輸入や輸入代行が挙げられますが、この方法は様々なリスクを伴うためおすすめできません。その理由として、国内で正規に流通している医薬品や化粧品、医療機器などは医薬品医療機器等法に基づいて品質や安全性が保障されていますが、個人輸入や輸入代行をする外国製品にはそのような保証はなく、偽物が届いてしまう可能性や正しい服用方法が把握できないなど、健康被害を引き起こす危険性があるからです。
正規品を確実に処方してもらえるクリニックを受診することで、危険を回避するのが最も望ましいでしょう。自由診療のAGA治療はクリニックによって治療費が異なります。同じ薬でもクリニックによって値段に変動がありますので、クリニックを比較するだけではなく、医師の診療を受けてご自身の症状に合ったお薬を処方してもらうようにしましょう。

 
 

まとめ

AGA治療薬「フィナステリド」の効果についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。
抜け毛の改善効果が医学的に証明されているお薬ということで安心感や効果への期待値はかなり高いと思います。

一方で、処方してもらうには必ず医師の診断が必要です。
持病などがある場合や、他に薬を服用している場合は飲み合わせなどについて医師に必ず確認をしましょう。フィナステリドの効果を踏まえ、薄毛の改善目的として使用することを強くおすすめしますが、必ず医師の診断の元、ご自身に合った薬を処方してもらってください。

関連記事