WEB予約専用WEB予約

GLP-1ダイエット注射とは?気になる効果や種類について

抗加齢学会専門医/麻酔科認定医
コッツフォード良枝:監修

公開日:2021/09/07 更新日:2021/09/13

痩せるホルモンと言われているGLP-1注射は、食欲をコントロールするはたらきで、体を内側から太りにくい体質に変えてくれる痩身の強い味方です。
運動や食事制限の必要がないため、自己流のダイエットで失敗した人からも大きな反響を呼んでいます。

この記事ではGLP-1注射の効果、薬剤の種類について詳しくご紹介していきます。

この記事のポイント
  • GLP-1ダイエット注射の特徴
  • 注射の薬剤の種類
  • 他の注射やサプリとの比較

GLP-1注射とダイエット注射との違い

ダイエット注射との違い
脂肪燃焼点滴脂肪溶解注射(メソテラピー)など従来のダイエット注射に対し、
GLP-1注射は血糖値をコントロールして痩せやすい体質に導くという点が大きな違いです。

GLP-1とは

GLP-1とは食事をすると小腸から分泌されるホルモンの1つです。
GLP-1にはインスリンの分泌を促す働きがあります。
血糖値のコントロールと食欲を抑制する効果があることこから、別名痩せるホルモンと呼ばれます。
血糖値が高い時のみインスリンの分泌を促すので、血糖値が低くなると下がりすぎないように調節してくれる作用ももっています。

GLP-1は自然に体から分泌されるホルモン。
血糖値をコントロールする作用があることから、痩せるホルモンとよばれている。

GLP-1ダイエット注射の種類

GLP-1ダイエットを始める際に、美容クリニックから処方される主な薬剤は以下の4種類です。

サクセンダサクセンダ投与周期1日1回投与上限3.0mg特徴肥満治療薬として開発され、FDAアメリカ食品医薬品局から「抗肥満薬」として認可(※)されています。
ビクトーザビクトーザ投与周期1日1回投与上限1.8㎎特徴成分はサクセンダと同様ですが、糖尿病薬として開発、糖尿病治療に広く使用されています。
トルリシティトルリシティ投与周期週1回投与上限0.75㎎特徴オゼンピックよりも効果は薄いという結果が報告されています。
(参照:セマグルチドとデュラグルチド 医師が選ぶのはどっち?)
オゼンピックオゼンピック投与周期週1回投与上限1.0㎎特徴作用期間が長く、一週間に一度の注射で十分な効果があります。
薬剤サクセンダ

サクセンダ

ビクトーザ

ビクトーザ

トルリシティ

トルリシティ

オゼンピック

オゼンピック

投与周期1日1回1日1回週1回週1回
投与上限3.0mg1.8㎎0.75㎎1.0㎎
特徴肥満治療薬として開発され、FDAアメリカ食品医薬品局から「抗肥満薬」として認可(※)されています。成分はサクセンダと同様ですが、糖尿病薬として開発、糖尿病治療に広く使用されています。オゼンピックよりも効果は薄いという結果が報告されています。

(参照:セマグルチドとデュラグルチド 医師が選ぶのはどっち?)

作用期間が長く、一週間に一度の注射で十分な効果があります。

※日本国内では肥満薬としては認可されておりません。(糖尿病治療薬としては認可)自由診療となります。

銀座禅クリニックではGLP-1注射として安全性が確立されているサクセンダのみを取り扱っております。

注射に期待できる効果

効果については個人差がありますが、実際に体験した人は
「9日目で3kg痩せた!」
「始めて54日で-4.7kg」
など、個人差はありますが、痩せたという口コミが多いです。

  • 注射の種類は日本では主に4種類
    (サクセンダ・ビクトーザ・トルリシティ・オゼンピック)
  • 注射によってメリット・デメリットがある
  • 銀座禅クリニックでは肥満薬として認証されているサクセンダのみ使用

GLP-1のダイエット注射のメリット

メリット
ダイエットには数々の方法があります。
その中でもGLP-1ダイエット注射のメリットをまとめました。
「いろいろ試したが、どれも続かなかった」という人も、GLP-1注射なら無理せず継続できます。

GLP-1のダイエット注射のメリット6つ
  • 食欲が減少するので、自然な減量が期待できる。
  • 自己注射なので、面倒な通院の手間が省ける。
  • 医師の指導の下で行うため、健康面のリスクが少ない。
  • 注射は慣れれば簡単で、安全性も高い。
  • 我慢をしなくてよいので精神面でストレスがない。
  • 食事制限やハードな運動の必要がない。

無理なく痩せたい人におすすめ

糖尿病の治療薬として開発された「GLP-1」は、臨床結果にもとづく医学的なデータが立証されています。
医師の診断のもとに行うので効果と安全性を重視する人にはおすすめの方法です。

特に無理なく痩せたいという人に、GLP-1注射は最適なダイエット方法です。
食事制限の辛さや面倒なカロリー計算、きつい運動などによるストレスが原因で、痩せたいけれどダイエットを諦めてしまったという人は多いのではないでしょうか?
GLP-1注射であれば打つだけなので精神的にも楽に続けられます。

仕事が忙しくて手間がかけられない人や、運動と組み合わせて早く結果を出したい人にも、ぜひ試していただきたいダイエットです。

GLP-1の処方はオンライン診療が可能

GLP-1注射の処方を受けるには、医療機関の受診が必要となります。
2021年現在、オンライン診療が可能となりました。

医師による診断をオンラインで受けた上で、薬剤が処方されます。
遠方の方でも当院のオンライン診療が受診可能となりました。

直接ご来院いただかなくても、全国どこからでも受診可能です。
初めての方でも安心して受けることができます。

  • 無理なく痩せられる
  • 医師の診断が必ず必要
  • オンライン診療でどこからでも禅クリニックの診療が受けれる

注射と市販サプリとの違いは?飲み薬は?

サプリとの違い
市販のサプリメントにもGLP-1を摂取できるというものはありますが、効果は期待できません。

サプリメントはあくまでも、栄養補助食品の一種なので、不足している栄養を補給するためだけです。
サプリメントでダイエットすることは医学的な根拠がないのでお勧めしません。

GLP-1注射は医学的な臨床結果にもとづく薬効データがあります。
確実に痩せたいと考えるならGLP-1注射をお勧めします。

中には
「飲み薬で痩せたい」
とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

銀座禅クリニックでは世界初のGLP-1経口薬「リベルサス」
の取り扱いを始めました。
リベルサスは2021年に厚生労働省に認可された新薬です。

参照:https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000693022.pdf

リベルサスはGLP-1注射薬であるオゼンピックと同様の効果が期待できる経口薬です。

  • サプリは効果が期待できない
  • 注射に抵抗がある人は飲み薬もある

無理なく続けられるダイエットを

無理なく続けられるダイエット
GLP-1ダイエット注射の効果と種類についてご紹介しました。
最後にご紹介した内容をもう一度振り返りましょう。

GLP-1のダイエット注射の効果
  • 食欲が減少する
  • 体重の減少
  • 運動せずに痩せれる
GLP-1のダイエット注射の主な種類
  • サクセンダ、ビクトーザ、トルリシティ、オゼンピック
  • 肥満薬として認可されているサクセンダが安全
  • 銀座禅クリニックではサクセンダのみの処方

無理なく続けて、確実な効果が期待できるGLP-1注射によるメディカルダイエット。
痩せるためにはガマンが必要という考えは、もう過去のものです。
GLP-1注射で理想の体重を目指しましょう。

銀座禅クリニックコッツフォード院長